長寿のお祝い

何歳のときにお祝いしたらいいの?

満60歳の還暦に始まり、数えで70歳の古稀、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿にお祝いをします。
長寿が珍しくなくなった今では、100歳にも紀寿や大斎などと呼んでお祝いをします。
まだまだ元気だという方は喜寿までは自分で感謝の会を催し、傘寿以降は周囲の人たちに長寿を祝ってもらうのがいいでしょう。

何を贈ったらいいの?

還暦のお祝いには、ますます若返ってこれからの人生を楽しんでもらえるような品を選びましょう。
しきたりに近いところでは 明るい色のベストやベレー帽など。男性にはスポーツウェア、 女性にはピンクのブラウスやセーター、口紅、アクセサリー類が喜ばれそうです。
古稀以上には“ゆとり”につながる茶器や手文庫、ステッキや日傘、座椅子などを。
健康状態や趣味に合わせた品を贈るのがポイントですよ。アズユーライクなら、年齢を問わず喜ばれる商品を揃えているので大変便利です。

お祝い金はいくらぐらい?

お祝いを包むなら両親で5万円くらいが一般的です。

内祝いは?

傘寿以降は周囲の人たちに祝ってもらうのが一般的ですが、その場合内祝いをぜひ用意しましょう。 酒器や茶器、額や写真立てなどが人気があります。
内祝いにはその人の人柄が表れるので、カタログなどでじっくり選びたいものですね。
長寿祝いの名称とその由来
年齢 名称 由来
61 還暦 生まれた年から十干十二支が一巡して自分の干支に戻る年
70 古希 中国の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」にちなんだ名称
77 喜寿 「喜」の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることから由来
80 傘寿 「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来
88 米寿 「米」の字を分けると八十八となることに由来
90 卒寿 「卒」の略字・「卆」が九十と読めることに由来
99 白寿 「百」の字の上の「一」を取ると「白」になり、百にあと一つという意味合い
長寿祝いのプレゼント一覧
年齢 男性 女性
還暦 明るい色のベスト
ベレー帽
スポーツウェア
ゴルフ用品
釣り道具や碁盤など趣味のもの
明るい色のブラウス
セーター
口紅
バッグやアクセサリー
絵筆やCDなどの趣味のもの
古希以降 茶器・手文庫
色紙額などの調度品
ステッキ
ひざ掛けや肩掛け・座布団
寝具や座椅子
釣り道具など趣味のもの
※健康状態に合わせて選ぶ
男性と同様の品のほか、日傘など