キリスト教式の通夜の方法は?

式で必要な聖書や讃美歌の一節を印刷しておく

本来キリスト教では通夜は行いませんが、日本の習慣に従って前夜祭を採用しています。その内容は、仏式に添ったものがほとんどです。

しかし、信者の場合は臨終に際して「病者の塗油の秘跡」(カソリック)、「聖餐式」(プロテスタント)が行われます。キリスト教式の葬儀は国内ではごくわずかですので、喪家は、参列者のためにいろいろ配慮をしておく必要があります。そのひとつに式のなかで取り上げられる聖書の一節や讃美歌(プロテスタント)・聖歌(カソリック)が挙げられます。それらはあらかじめ印刷をし、受付で配布するようにします。また参列者全員がそれぞれ献花をしますが、花に不足がないように手配しておきます。

通夜ぶるまいは茶話会形式

キリスト教では通夜ぶるまいはなく、司式の牧師、神父さんとともに身内だけで茶話会をする程度です。紅茶やコーヒーに菓子を喪家で用意し、故人の思い出を語ることに重きがおかれます。喪家によっては食事を用意するケースもみられますが、この場合、酒類を出すことは控えます。

「お車代」として白い封筒に包む

キリスト教式の通夜を自宅で行った場合は、仏式や神式のように、「お膳料」を包む必要はありません。「お車代」と白い封筒に表書きして司式者に渡します。

-通夜の集い- カトリック
式の流れ 参列者
聖歌合唱 一同で聖歌を合唱
聖書朗読 一同で聖書の一節を斉唱
神父の説教 頭をたれて拝聴
通夜の祈り 神父にならい、一同祈りを捧げる
献花 喪主から順に祭壇に花を捧げる
喪主挨拶 喪主が会葬者に挨拶
茶話会 司式者と近親者で軽食を囲みながら故人をしのぶ
教会以外で行った場合、世話役代表は、神父に「御車代」を包み、見送る
葬儀の打ち合わせ 翌日の葬儀の打ち合わせを行う
-前夜式- プロテスタント
式の流れ 参列者
讃美歌合唱 一同で讃美歌を合唱
聖書朗読 一同で聖書を朗読
通夜の祈り 牧師とともに一同で祈りを捧げる
讃美歌合唱 一同で讃美歌を合唱
説教と感話 静かに拝聴する
献花 牧師に続き、喪主から順に祭壇に花を捧げる
喪主挨拶 喪主が会葬者に挨拶
茶話会 司式者と近親者で軽食を囲みながら故人をしのぶ
教会以外で行った場合、世話役代表は、牧師に「御車代」を包み、見送る
葬儀の打ち合わせ 翌日の葬儀の打ち合わせを行う

キリスト教式のお参りの仕方は?

参列者が献花を行う

通夜のことをカトリックでは「通夜の集い」、プロテスタントでは「前夜式」と言いますが、それぞれ神父、牧師が式を司ります。式の流れはそれぞれに多少の違いはありますが、聖歌や讃美歌の唱和や聖書や説教の拝聴などは必ずあります。信者でない場合は、席のなかで朗読される聖書の一説や聖歌を印刷したものがないとわからないでしょうから、無理に唱和しないで、静かに聴いているだけでよいでしょう。

日本ではキリスト教式の葬儀の場合、焼香のかわりに献花をするのが一般的です。献花をするときは、花を両手で受け取ります。花の持ち方は神式のように厳しくはありませんが、一般 的に左手で茎をもち、右手で花を支えるようにします。祭壇の前に進み、献花台に花を置きますが、花を90度右方向に回し、茎を祭壇の方に向けます。花を逆に渡されても、茎を祭壇に向けて捧げるようにすればいいのですから、あわてないようにしましょう。献花のあと、クリスチャンなら十字を切って祈りますが、信者でない場合は聖壇に向かい、深く一礼すればよいでしょう。

献花の仕方

1.花が右手側になるように受けとる

2.祭壇前に進み、一礼する

3.花の根元を祭壇に向けて捧

4.深く一礼する

5.遺族や神父(牧師)に一礼し、席に戻る