シャディギフトモール カタログからのご注文 会員メニュー バスケットを見る ご利用ガイド

冠婚葬祭辞典

[冠] お祝い事

[婚] 婚礼

[葬] お悔やみ事

[祭] 季節のしきたり

シャディのカタログギフト
葬 冠婚葬祭マナー辞典 HOME

お悔やみ事

法要

遺骨は埋葬しなければならない?

 散骨することもできる 現在のように、火葬した遺骨を墓前に埋葬するかたちは、ごく近年になって定着したものです。それまでは土葬が中心でした。また荼毘にした遺骨の一部を本山に納めるだけで、故人の墓をもたない、という例もみられました。
 このように埋葬のかたちは、時代や社会環境とともに変化するものです。
 平成三年の秋に「葬送のための祭祀で節度をもって行われる限り問題でない」という公式見解が法務省より出されたことで散骨が認められるようになり、海や山に遺骨をまいたりするようになりました。

移り住んだところに新しく墓を建てたら?
 先祖や家族の墓がある故郷を離れて、自分が移り住んだところに新しく墓を建てた場合、新仏の遺骨は、新しい墓に埋葬すればよいのです。これを「分家」と言います。
 しかし、離村などをして墓を移したいときは、古い墓の遺骨を新しい墓に納めねばなりません。このような場合は、引き上げるときも、新しい墓に納めるときも、僧侶を招いて法要を営みます。墓を移転するときは市区町村役場の許可がいります。

遠隔地の菩提寺までの遺骨の運び方は?
 菩提寺が遠く離れていると、遺骨を運ばなければなりませんが、その場合必ず手から離さないで抱えているようにします。列車などの場合は、網棚などに乗せないようにします。タクシーなどを利用するときは、料金のほかに心づけを渡すようにします。

墓にまつわる迷信
 先祖のお祀りは、報恩のためや功徳を回向して、それによって自分の心を養うためにすることで、「たたり」「仏罰」などがないようにするものではありません。
 またそのようなたたりや罰というものは、仏法にはなく、従って仏教的根拠はありません。
 墓にまつわることで、次のようなことがよく言われていますが、迷信と考えていいでしょう。
*何でもないときに墓を建てると縁起が悪い
*北向きの墓は、その家に不幸を招く
*墓の苔や汚れを落とすと不幸が起きる
*年忌の際にしか墓を建ててはならない
*墓のかたちによって不幸を招くことになる
*転居したとき、近所のお寺に墓地を求め、そこに先祖の墓を移すとたたりがある
 墓については、教典に何の指示や規定もありません。また最近になって、墓相学などというものが現れ、墓についてのきまりを強調する傾向が強いようですが、今のような墓が一般 化したのは明治以降で、比較的新しい流れです。従って、そのきまり通りにつくらなければ不幸があるなどと気にする必要はありません。

項目選択に戻る

新盆の迎え方は?

 新仏に近い近親者は提灯などを贈る  新仏にもっとも近い親戚は、白張提灯を贈ります。それ以外の近親者や友人は普通 の盆提灯ですが、最近は住宅事情から、たくさんの提灯を飾らなくなっています。
 そこで「御仏前」もしくは「お提灯代」と表書きした金包を贈り、その家庭に合ったように整えてもらうという方法もありますが、この場合、家族が準備する前に贈るようにします。地方によっては初盆供養を丁重に行うところもあり、お供えものに対する返礼ギフトもさかんに行れているようです。
項目選択に戻る

新盆に招かれたら?

 命日や彼岸には欠かさず墓参  基本的にいつ行ってもよいのですが、故人の命日や彼岸などにはぜひ参りたいものです。
 地方や家によっては、法要以外にも、年末年始などに家族で墓参するところもあります。  参りは墓地を掃除してから 墓参りに持って行くものは、お供えの花、ろうそく、線香、数珠(仏式の場合)、故人の好きだった食べ物などのほかに、掃除用のたわしやぞうきん、歯ブラシなども準備します。
 これは、まず墓地に着いたら掃除をしてからお参りをするためです。墓石の汚れを洗い流して、ぞうきんできれいにぬ ぐいます。古くなった卒塔婆は決められた場所に移し、周囲の雑草ちりなどを取り除きます。
 墓地をきれいにしたあと、皆で参拝をします。花を活けかえ、線香は一束のまま火をつけて線香立てに置きます。水鉢がある場合は清水を入れます。供物を整えて供えます。
 縁の近い順に墓石の上からひしゃくで水をかけ、線香をあげ、合掌します。
 参拝がすんだら、花以外の供物は持ち帰ります。ろうそくの火を消すことを忘れないように。供物は、その場で皆でいただいてもよいでしょう。
 寺院墓地の場合は、初めにお寺にあいさつをして、本尊にお参りをすることを覚えておきましょう。  神道の場合は榊やお神酒を供える 神道でも参拝の前に掃除をするのは仏式と同じです。参拝では線香はいりません。花立てには、榊を供えるようにします。お神酒や洗い米、塩を供えるとより正式になります。参拝の仕方は、二拝二拍手一掃で、神棚への参拝と変わりません。故人の好きだった食べ物を供えてもかまいません。  キリスト教式では掃除をし生花を供える キリスト教式の墓への参拝は、特別の決まりはありません。しかしカソリックなら、11月2日の「死者の日」には参拝したいものです。
  参拝は、掃除してから墓前で生花を供え、讃美歌を歌い、礼拝します。 墓は生きているうちに建ててもいい?  生前に準備した墓を「寿陵」あるいは「逆修墓」と呼びます。戒名をもっている人は、その戒名を刻んで朱を入れておき、その本人が亡くなって納骨したときに、この朱を落としてしまうか、黒く塗り替えます。
項目選択に戻る