お中元やお歳暮の贈る時期を逃してしまった!

お中元やお歳暮は地方によって贈る時期が異なりすが、目安が決まっています。
お中元は6月下旬から7月15日までが一般的です。ただし、関西地方や九州地方の一部では、1ヶ月ほど遅れる場所もあります。

お中元はもともとお盆との関係が深い行事だったので、お盆を迎えるのが7月または8月…と、異なる場合、お中元も時期が変わってくるのです。お盆を迎えるのが7月の地域には7月中、8月の地域には8月のお盆前までに贈ってもかまいません。

また、7月15日を過ぎた贈物は「暑中見舞い」8月に入り、立秋を過ぎたら「残暑見舞い」として贈ると良いでしょう。

お歳暮は11月から12月に贈るのが一般的ですが、できればお正月準備で忙しくなり始める前の20日までに贈るのが良いでしょう。それを過ぎてしまったら、お歳暮の代わりに「御年賀」として新年に贈ることもあります。さらに年が明けて時期を逃してしまった場合には、小正月を過ぎてから立春を迎えるまでの間に「寒中御見舞」として贈ることもできます。

お中元やお歳暮に関わらず、日頃の感謝の気持ちを込めたギフトを贈ることも効果的です。

贈った相手が喪中だった!

相手が喪中でも、お中元やお歳暮はお祝い事ではなく、感謝の気持ちを示すものなので、贈っても失礼はありません。ただし、忌明け前なら時期をずらし、四十九日を過ぎてから「残暑見舞」や「寒中見舞」として贈るといいでしょう。

残暑見舞い・寒中見舞いを贈る場合も、近くであれば、お伺いし、遠方ならば、遺族の方を慰める言葉を添えた手紙を出すのが良いでしょう。

反対に、贈る側に不幸があった場合にも、忌明け過ぎに例年どおりお中元・お歳暮を贈ります。

届いた贈物が、壊れていたときは??

包みを開けたら、品物が壊れていた!!そんなときは、お店やデパートから配送されてきたものならば、まずはそのお客様窓口に電話をして相談しましょう。
相談窓口などが、メーカーや配送会社と連絡をして、最善の方法をとってくれるはずです。

このような事故があったとしても、贈り主にはなるべく連絡しないほうが良いでしょう。先方に心配をかけないようにするのが、ワンランク上のマナーです。