会社に行ったら今日お通夜

出先から駆けつけなければいけないとき、まず服装に困ってしまいますよね。基本的にお通夜はその日着ていた服で構いません。ただし真っ赤な服や派手なデザインの服を着ていたときが問題。地味な服に着替えられるように努力するか、周囲の人に事情を説明してお詫びをしましょう。またアクセサリーは必ずはずしましょう。男性は職場から駆けつける場合、黒いネクタイをすれば地味な背広の上下でも構いませんよ。

葬儀と結婚式が重なったら

家族や近い親戚に不幸があった場合、披露宴は欠席して葬儀の準備などを手伝うのがマナーです。それほど親しい間柄でなければ、通夜に参列すればいいので披露宴には出席しましょう。もし披露宴に欠席する場合、主催者側にはその理由を「都合により」などとあいまいにして、不幸の話はしないのがエチケットです。