コンテンツへ

のし・包装紙について。香典返しなら、シャディ

のし・包装紙について

いざとなると悩んでしまうのが、表書き水引のしの約束事。地域差もあり、ややこしく堅苦しいものと思われがちですが、基本は「なるほど簡単♪」と、納得できるものばかり。 ちょっとした「しきたり」をふまえるだけで、より喜びを伝えられます。

香典返し(弔事のお礼用)

のし紙の種類 弔事結切り
水引 黄色・白または黒・白結び切りの「のし」を利用します。 「一度きりにしたい」という気持ちが込められています。
表書 のしの上 ・志(こころざし) 宗教を問わず全般のお返しに使用します。
・忌明(きあけ)
・満中陰・満中陰志
(まんちゅういん・
まんちゅういんし)
仏式の四十九日が明けた際のお返しに使います。
中陰とは四十九日のことを指します。
満中陰志は大阪以西、忌明志は京都で使用されることが多いようです。
・偲び草・偲草
(しのびぐさ)
神式・キリスト教などで使用します。 植物の名称で「故人をしのんで」という意を含みます。
・召天記念
(しょうてん記念)
キリスト教で使います。水引は基本的に使用しません。
のしの下 香典返しの場合は喪家の姓を入れます。
のし

法事の引き出物(仏事・法事のお礼用)

のし紙の種類 法事・法要、仏事藍銀(関東)、仏事藍銀(関西)
表書 のしの上 ・志(こころざし) 宗教を問わず全般のお返しに使用します。
・粗供養(そくよう) ・供養志(くようこころざし) 法要引き出物の表書き。「粗末な供養の品」という意味です。
他にもこんなワード
・初盆志  ・○○回忌志  ・○日忌志  ・(故人の名前)○○回忌志
のしの下 法要引き出物の場合は施主名を入れます。
のし

※のし書きについては地域により異なる場合がございます。

シャディの香典返しは、のし・包装紙が無料!!

※のしのご用命につきましては『内のし』とさせていただきます。 予めご了承の程お願い申し上げます。
「内のし」…のし紙をかけてから包装します。謙譲の意を含みます。

無料 のしサービス 【香典返し 4タイプ】

弔事のお返し・結び切り

水引

一度きりにしたいという気持ちを込め、結び切りの「のし」を利用します。

表書き

【のし上】 香典返しの場合「志」、「偲び草(キリスト教)」などと入れます。仏式の香典返しや法要引き出物の場合「忌明」「満中陰志」、法要引き出物の場合は「粗供養」「供養志」も使用します。
【のし下】 香典返しの場合は喪家の姓を、法要引き出物の場合は施主名を入れます。

弔事のお返し・ゆり柄

水引

仏事全般にご利用いただける、ゆりをデザインした落ち着いた柄です。

表書き

【のし上】 香典返しの場合「志」、「偲び草(キリスト教)」などと入れます。仏式の香典返しや法要引き出物の場合「忌明」「満中陰志」、法要引き出物の場合は「粗供養」「供養志」も使用します。
【のし下】 香典返しの場合は喪家の姓を、法要引き出物の場合は施主名を入れます。

弔事のお返し・関西用

水引

一度きりにしたいという気持ちを込め、結び切りの「のし」を利用します。関西でよく利用される柄をデザインしています。

表書き

【のし上】 香典返しの場合「志」、「偲び草(キリスト教)」などと入れます。仏式の香典返しや法要引き出物の場合「忌明」「満中陰志」、法要引き出物の場合は「粗供養」「供養志」も使用します。
【のし下】 香典返しの場合は喪家の姓を、法要引き出物の場合は施主名を入れます。

弔事のお返し・関東用

水引

一度きりにしたいという気持ちを込め、結び切りの「のし」を利用します。関西でよく利用される柄をデザインしています。

表書き

【のし上】 香典返しの場合「志」、「偲び草(キリスト教)」などと入れます。仏式の香典返しや法要引き出物の場合「忌明」「満中陰志」、法要引き出物の場合は「粗供養」「供養志」も使用します。
【のし下】 香典返しの場合は喪家の姓を、法要引き出物の場合は施主名を入れます。

無料 包装紙サービス 【香典返し 2タイプ】

仏事用(シルバー)

灰色の落ち着いた花模様で仏事全般に利用できます。

仏事用(ラピス)

濃紺で光沢感を抑えた仏事用包装紙です。

PAGE TOP