お歳暮を贈る時期・タイミングは?

お歳暮を贈る時期は?いつから贈る?

お歳暮は本来、12月13日を過ぎてから、できれば20日くらいまでに贈るのが良いと言われています。
なぜ13日を過ぎてから贈るのかというと、12月13日の「事始め(地方によっては「事納め」)」からお正月の準備を開始するという慣習があり、掃除をしてお仏壇や家中をきれいにしてからお歳暮を届ける、という昔ながらの考えがあったためです。つまり、12月13日はお正月の準備を始める日なのです。

この「事始めの日」ですが、近年はこのような慣習も変化してきています。前倒しではじまる歳末商戦、現代的な諸事情などにより、11月下旬頃からお歳暮を贈っても失礼にあたらない風潮に変わってきているからです。ですので、ばたばたとして贈りそびれそう・・・という方は早めにお贈りするのもひとつの方法です。

また、なぜ20日くらいまでに贈るべきなのかと言いますと、20日を過ぎた場合、年末が近づきどのご家庭もお正月シーズンに突入し、準備などで忙しくなるだろうという考えのためです。そのため、できれば20日まで、遅くともクリスマスが終わる25日頃までに贈るのがおすすめとされています。
その一方で、もし生鮮食品を贈ろうと考えている方は、20日過ぎくらいに贈ると喜ばれる場合が多いです。お歳暮に贈る生鮮食品はお正月の料理などに使う場合が多いため、出来るだけお正月に近い時期に贈ると喜ばれるでしょう。

地域によって贈る時期が違う?

一般的には12月上旬から20日前後までに贈るのが良いと言われているお歳暮ですが、地域によってはその時期に違いがあると言われています。各地方のお歳暮の時期を見てみましょう。

  • ・北海道
    12月10日以降から20日頃とされています。
  • ・東北地方
    12月10日以降から20日頃とされています。
  • ・関東地方
    他の地方より少し早く、12月1日から20日頃が最適な期間とされています。ですが、年々贈る時期が早まる傾向にあり、近年では12月初旬に届く場合も増えています。その為、11月末頃から贈りはじめても、失礼にはあたらないとされているようです。
  • ・北陸地方
    12月10日以降から12月20日頃とされています。都市部では、12月初旬から届き始める場合もあるようです。
  • ・東海地方
    12月10日以降から12月20日頃とされていますが、関東地方と同様年々時期が早まって入る為、12月初旬頃から届きはじめる場合もあるようです。
  • ・関西地方
    12月10日以降から12月20日頃とされています。近年は年々早まる傾向にあります。
  • ・中国地方
    12月10日以降から12月20日頃とされています。近年は年々早まる傾向にあります。
  • ・九州地方
    関西、中国地方と同様に12月10日以降から12月20日頃とされています。近年は年々早まる傾向にあります。
  • ・沖縄
    12月初旬から25日頃とされています。

相手の都合も配慮することが大切

贈る時期について、本来の形や地域別にもご紹介してきましたが、大切なのはやはり相手の事情や都合を思いやって贈る、ということでしょう。肉や魚介類などの生鮮食品を贈る際には、相手が美味しくいただけるよう、受け取れるタイミングのみならず、贈った後にきちんと消費できる日時で贈るのがよいでしょう。

相手が忙しくてお歳暮を受け取れないという場合は、日持ちのするお酒やジュースなどの飲料、缶詰、海苔などを贈ると、相手も困ることなく受け取れるのでおすすめです。相手の事情やタイミングによって様々ですが、やはり慌しくなる25日以降に贈るのは控えた方が安心です。
相手がきちんと贈りものを受け取れる日時に贈ること、相手の負担にならない贈りものをチョイスすることが、お歳暮を贈る際のポイントです。