お盆は亡くなった人がこの世に帰ってくるとされる日とされ、期間は7月か、8月の13日から15日(一部地域では16日)にかけて行われます。お盆のなかでも初めて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」「新盆(しんぼん・にいぼん・あらぼん)」といい、特に丁重に供養することがしきたりです。期間中に僧侶を招いて読経してもらいます。またご親戚や、故人と交流のあった方をお招きして一緒に供養してもらうなどします。ただし、供養の方法も地域、家庭、宗派によって違いがありますので、ご親族に聞いたり、お近くのシャディショップ、サラダ館などの専門店で地域の風習をお聞きになることをおすすめします。

初盆・新盆に関するマナー

6月末日ごろに亡くなった人の新盆・初盆は、今年のお盆に行うのでしょうか?

忌明けが過ぎてから初めて迎えるお盆を「新盆」としますので、6月末日に亡くなった個人の霊の新盆は来年となります。四十九日の法要が済むまでは「忌明け前」にあたり、家族が迎えてあげようにも、まだこの世とあの世の間にいると考えられているからです。また、愛する人が亡くなって初めての新盆(初盆)には、いちばん縁が深かった人が「白い提灯」を買って飾ります。この白張提灯は1回きりで、終わったら燃やします。ただ現在はそれができないので、きれいな紙につつんでゴミと一緒に出すか、寺のおたきあげのときに持っていって燃やしてもらいます。

供養の行事に招かれた場合

故人の好物などをお供えとして持参したり、施主に協力するという意味を含め現金を供えてもかまいません。その際には表書きを「御供物料」や「御仏前」などととします。
●贈るとき
<品物> 表書き:御仏前・御供/水引:黄白、青白結びきり
<金品> 表書き:御供物料・御仏前・御香料
     水引:黄白、黒白結びきり

お返し、引き出物について

ゆかりの人を招いて法要を行う際、読経のあとに精進料理などでおもてなしを行うことが通例です。これがお供えなどをいただいた方へのお返しとなります。このほか、持ち帰っていただく「引き物」を用意すると丁寧です。このほか親戚や、近所の人から供え物をいただいたときや、焼香に来ていただいた方へも同様に引き出物をお渡しするようにしましょう。引き出物は、ハンカチやお茶、また食べてしまうもの、使い切ってしまう日用品などがふさわしいでしょう。金額は地域によって異なりますので、お近くのシャディショップ、サラダ館にお尋ねください。
●お返し・お礼
<訪れた方へのお返し>
表書き:志・粗供養・粗品/水引:黄白、黒白結びきり
<僧侶・読経のお礼>
表書き:御布施 水引:なし(白無地)

おすすめのサービス

地域の風習もおまかせ 店頭でゆっくりと
ご相談いただけます
オリジナル メッセージカード 世界でたったひとつの贈りもの

おすすめの定番商品

故人の法要に集まっていただいた方々への引き物には、あとに残らないものが人気です。食べ物ならこの時期にふさわしい「そうめん」「ゼリー」や定番の「海苔」などが人気です。また使いきれる日用品としては「調味料セット」「洗剤」などがふさわしいでしょう。不祝儀でよく使うハンカチや、お茶などもおすすめしています。感謝と御礼の気持ちを込めてお選びください。

商品カテゴリから選ぶ

引き物は消耗品、食べ物、洗剤など後に残らないものがふさわしいですが、遠方から来られる方や、日持ちのことも考慮するとよりベストでしょう。海苔やお菓子などは軽いので持ち帰りするには便利です。日持ちという点では、洗剤や乾物なども選ばれる理由となっています。

価格から選ぶ

初盆・新盆のお返し、引き物は地域によって差があることがあります。お供えの額が決まっている地域などがありますので、ご親族に聞いてみたり、その他お近くのシャディショップ、サラダ館にご確認いただければお答えいたします。高額のお供え物をいただいた場合は、気になる場合はお返しをしてもよいでしょう。

カタログギフト

シャディのカタログギフトなら、初盆・新盆のお返しににぴったりです。カタログギフトはさまざまな年齢の方に喜んでいただける、ひと品がきっとみつかります。用途、お好みに応じて「洋風デザイン」「和風デザイン」など表紙を選べるのもポイントです。また、多彩なジャンルのグルメを集めたグルメ専用カタログギフト「ボーノ・タイム」なら、きっと贈り先様にも喜んでいただけます。
用途・予算に合わせてお選びいただける充実のカタログギフト

ShaddyのギフトサービスSERVICE