何を贈ったらいいの?

入学祝いや入園祝いを頂いたときに何を贈ってよいのか分からないときがあります。まず、気持ちがこもっていることが何よりも大切です。贈り物には、日常的に使える実用的なものが喜ばれます。また本来であれば手渡しした上でお礼の言葉を述べるのが良いとされますが、時間や遠方等の理由で難しく品物を送ることが多いと思います。その場合お礼の品物を送付する際には挨拶状を付け感謝の気持ちを伝えましょう。その際にお子様の晴れの姿が分かるような工夫があればより一層感謝の気持ちが伝わります。

写真入りオリジナル挨拶状を添えて感謝の気持ちを伝えてみませんか

ご入学・ご進学 内祝い お祝い返し人気カタログギフト BEST5

  • カタログギフト送料無料クーポンプレゼント
  • 正午までのご注文で当日発送します

ギフトコンシェルジュがご入学・ご進学の内祝いに最適な商品をピックアップ

金額の目安は?

入学祝いや入園祝いを頂いたときは、内祝いにふさわしい贈り物として、気持ちがこもっていることが何よりも大切です。日常的に使える実用的なものが喜ばれます。贈る相手との間柄によっても変わってくるため、入学祝いや入園祝いのお返しに、明確な相場や基準となる金額はありませんが、頂いたものの相当額の1/3から半分程度が相場と考えると良いでしょう。身内の方から高額なものを頂いた場合や、頂いたものの相当額が分からない場合は無理に相場にこだわることなく、感謝の気持ちやメッセージを伝えることが大切です。

のしや、水引は?

のしは白黒の蝶結びを選びます。表書き(蝶結びの上に入れる)の書き方は「内祝い」として、名入れ(蝶結びの下に入れる)については、贈り主はお子様のためにいただいたお祝いですのでお子様の名前を入れましょう。

内祝いを贈るタイミング

お祝いを頂いてから直ぐに贈るのではなく、入学式・入園式で撮った写真を添え、終わってからできるだけ早く贈るのが良いでしょう。