お歳暮のマナー&豆知識

お歳暮、お年賀にふさわしい「のし」と「包装紙」を無料でご用意しています。ぜひご利用ください。

お歳暮って?

お歳暮・残暑見舞いのマナー

「お歳暮は日ごろの感謝をこめて…」 

日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて、またご無沙汰している方へのあいさつも兼ねて交流を深める目的で贈るのが、お歳暮です。
お歳暮は12月初めから25日までに届くようにします。
お歳暮を贈る先は、実家の両親、親戚、会社の上司、お得意先様、友人、仲人、恩師、主治医、先輩、大家さんなど、日頃お世話になっている方々が考えられます。
大切なのは相手への思いやりですから、贈る相手の習慣に合わせて、臨機応変に対応するのが好ましいでしょう。
本来はお歳暮ギフトを持って先方にお伺いし、直接日頃のお礼を伝えたいところですが、最近はインターネットや店舗からの配送が主流。配送の場合には、品物が到着する前に別送で送り状を送りましょう。
送り状にはあいさつのほかに、いつ、何を、どの店から送ったのかなど、できるだけ詳しく書き添えます。

「お歳暮を選ぶ前に確認!」

職場へのお歳暮については、やりとりを廃止している企業等もありますので、職場の習慣に従うべきでしょう。
また、職場内の贈答は、そこでの常識に合わせるようにしましょう。

のしの基本

いざとなると悩んでしまうのが、表書き、水引、のしの約束事。地域差もあり、ややこしく堅苦しいものと思われがちですが、基本は「なるほど簡単♪」と、納得できるものばかり。ちょっとした「しきたり」をふまえるだけで、より感謝を伝えられます。

水引について
毎年、贈るお歳暮なので、水引は赤白(5本か7本)で、結びは蝶結びの、のし紙を用います。
表書きについて
水引結び目中央上に「御歳暮」、中央下にやや小さく名前を書きます。
シャディのお歳暮は、環境を考えた「簡易包装」を採用しています。

環境にやさし取り組みを目指しております。
ご理解とご協力をお願い致します。

のし・包装紙について

贈り物選びのポイント

お歳暮・残暑見舞いのマナー

「家族構成・年齢・趣味・趣向を考えよう」

お歳暮は、日ごろの感謝の気持ちを託すところに意味があるものです。 ありきたりの品物を選ぶのではなく、相手の家族構成、年齢、趣味、嗜好などを考えて、よろこばれそうな品を選びましょう。
たとえば…
・少人数のお宅には「量より質」を意識したものを。
・子供のいる家庭には、「ご家族みんなで使えるもの」を。
…といったような配慮をしてみると、ワンランクUPしたお歳暮ギフトになりますね!
さらに、お歳暮を受け取ることが多いと思われる方へは、たとえば同じ3,000円の予算でも、品物の質が高いものを選んでみましょう。

「お歳暮の予算は?」

近年、一番人気の価格帯は2,000円~3,000円です。一般的な予算など、特に決まりはありません。
肝心なのは感謝の気持ちです。他の人と張り合う必要はまったくありません。
おつきあいの度合いや、お世話になったこと、相手との関係に応じて、考えましょう。金額より、むしろキモチ。
金額を考えるよりも、お歳暮の品選びをじっくりしていきましょう。

お歳暮にはこんなものが選ばれています

定番商品で共通するのは「誰にでも喜ばれる」「もらっても迷惑にならない」ということ。
例えば、贈る方の趣味や生活スタイルがわからなくても、日持ちのするものや、生活必需品などであれば間違いありませんね!
人気商品は鮮魚・水産品、スイーツ・和菓子、油・調味料です。新鮮なカニや伊勢海老が届いたことを想像してみてください!
都会に住んでいる人には、特に嬉しい贈りものですね。ただし、保存の利かないナマモノやフルーツ、魚介類は、場合によっては、迷惑なお歳暮ギフト…となることもあります。贈る相手に電話で連絡をし、しっかりと都合を確認するようにしましょう。
もし、ここで相手が困るようであれば迷わず別のお歳暮ギフトを選びましょう。
ただし、人気商品は他の人と重なりやすいということもありますから、注意しましょう。 お歳暮は冬のギフトですから、来るべきお正月に活躍しそうなもの、たとえば数の子や高級ハムなどを選ぶのも、オススメです。

定番のお歳暮ギフト

人気のお歳暮ギフト

  • ★カニやエビなどの 海産物
  • ★チョコレートやケーキなど人気の 洋菓子
  • ★目上の方にも喜ばれる老舗料亭・ホテルのグルメ

受け取った方が選べる贈り物・・・カタログギフト

最近は、お歳暮を受け取った方が自分で品物を選べる「カタログギフト」も注目されています。
豊富な商品が選べるカタログギフトや、グルメなご馳走を選べるグルメ専用カタログギフトなど、特徴のあるものが出てきました。
「選ぶ楽しさ」を贈ることもできるので、他の人とはちょっと違うお歳暮になります。

【これだけはダメ!】

目上の方に対してお歳暮を贈る際には、現金や商品券を贈ることは原則的にはNGとされていますので気をつけましょう。

シャディはのしまで無料サポート

お歳暮・お年賀の商品は、簡易包装お届け

エコに関心のある気心しれた方々へ、簡易包装で送りましょう。

お歳暮、暑中/残暑お見舞い商品は、簡易包装でお届けいたします。

シャディでは「まごころエコ」活動の一環として、環境に配慮した「簡易包装」を採用しております。お年賀特集ページに掲載の商品で、且つ、お年賀ご用途でご注文いただいた場合、簡易包装のうえ、「お年賀用の短冊シール」を貼り付け、お届けいたします。まごころエコ活動にご理解とご協力をお願い致します。

簡易包装資材には、下記のメッセージを記載しております。

「お届けの御品の簡易包装は、ご依頼主様の環境保全へのご協力によるものです。紙と同じように焼却できます。」

まごころエコ活動

シャディは、まごころエコ活動を通じて「人に、暮らしに、地球にやさしさ」を提案します。

お歳暮トップに戻る