お中元を贈る相手は?

コンテンツへ
サイト内検索

贈る時期は? のしの基本は?

お中元・暑中見舞い
マナー・豆知識

お中元を贈る相手に決まりはありません

お中元を贈るとき、誰に贈ったらよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。贈る相手に特に決まりはありませんが、自分らしいお付き合いの方法を考える一助となるよう、一般的な贈り先や贈り先によって注意することなど、詳しくご紹介します。

一般的な贈る相手

日ごろお世話になっている方に対し、感謝の気持ちをのせてお届けするのがお中元ですので、一般的には両親、親せき、仲人などのほか、恩師や会社の上司、お得意先、主治医、大家さん(管理人)、習い事の先生などに贈る方が多いようです。

老夫婦

お中元は感謝を伝えるための贈りものとはいえ、これまでお付き合いをしてきた方すべてに贈るとなると、年々その数は増していき、経済的な負担ばかり増えてしまいます。あまりに多くの方へお贈りする結果、義理だけの贈りものになってしまうと、自分だけでなく相手の方にとっても負担になってしまいます。

逆に、お世話になっているけれど日頃はご無沙汰している方や礼を尽くさなければならない方に、年に1・2回のご挨拶ですむのなら、かえって合理的な習慣と言えるかもしれません。

例年通りに贈るだけでなく、もう一度相手との関係性を見直して、お互いの関係にふさわしい季節のあいさつができるように考えてみてはいかがでしょうか。

贈る相手によって気をつけたいこと

若夫婦

勤務先の上司などに贈る場合

勤務先の方に贈るお中元に関しては、それぞれの会社でルールや習慣があり、職場内の贈答を禁止している会社もあります。事前に社内規定を確認したり、同僚や先輩に確認してから贈ることをおすすめします。

仲人に贈る場合

仲人の方へのお中元は、仲人をしていただいてから3年間贈るのが一般的と言われています。これは新婚期間が「結婚後3年」と言われることから、そう考えられています。ですが、3年が過ぎても仲人の方と親しい関係を続けていきたいという場合は、その後も変わらずお贈りするとよいでしょう。

贈るのがNGとされている相手

お中元は基本的にはどなたにお贈りしても問題ありませんが、学校の先生や政治家など公職についている方に贈る場合は注意が必要です。立場によっては、辞退されるケースがあることを理解しておきましょう。

贈る相手によって選ぶ贈りもの

例えば、少人数のお宅に贈る際は量より質の高いものを、お子さまのいるお宅には家族そろって楽しめそうなものをといったような配慮をすれば、きっと喜ばれます。

また仲人や主治医など、目上の方の中でも贈りものが多そうと思われる方へは、仮に3,000円の予算でお酒を贈ろうとしたときには、2本セットよりも1本のお酒をチョイスするなど、同じ予算でも品物の質が高くなるものを贈るのが喜ばれるコツです。

また、目上の方に対して現金やそれに類するギフト券や商品券、肌着を贈ることは原則的にタブーとされてるので気をつけましょう。

その他のお中元・暑中見舞いのマナー・豆知識

PAGE TOP