出産内祝いの豆知識。出産内祝い・出産祝いなら、シャディ

コンテンツへ
サイト内検索

出産内祝いって何? 何を贈ればいいの?

出産内祝い
マナー・豆知識

出産後は育児やイベントなどで忙しい毎日に。
特に初めての出産だと育児での戸惑いや、はじめての体験が多く、困ることも多いのではないでしょうか。
ここではそんな中で、親族や親しい方々から頂いた、出産祝いへのお礼をする際に気をつけないといけないマナーや、
出産内祝いを選ぶ際に知っておきたい豆知識のご紹介をいたします。

出産内祝いのマナー・豆知識

そもそも出産内祝いとは?

「出産祝い」をいただいた際は、一般的に「出産内祝い」を贈ります。出産内祝いには、「子宝に恵まれた幸せのお福分け」という意味が含まれ、赤ちゃんの初めてのご挨拶になります。

出産内祝いの歴史・起源

昔と比べるとその意味合いや方法も、時代とともに変化を遂げている出産内祝い。今も昔も大切なのは、相手に対する感謝をしっかりとお伝えするということではないでしょうか。

出産内祝いを贈る時期・タイミングは?

お祝いをいただいた場合、地方によっても異なりますが、産後1か月後くらいを目安に内祝いをお贈りし、お祝いに対しての感謝をお伝えするのが一般的とされています。

出産内祝いを贈る時期を逃したときのマナー

産後は育児やイベントなどが満載で、体力的にも時間的にも余裕がない状況になり大変なもの。大きく遅れた場合には、内祝いの品をお贈りする際にお詫びの言葉を添えたお礼状を一緒に贈りましょう。

出産内祝いを贈る相手

出産内祝いは、贈る相手の年齢やライフスタイル、相手との関係などを考え、それぞれ合うものを選んで贈り分けをしたいもの。ここでは、贈る相手別にどのようなものを贈るのがオススメなのかご紹介します。

出産内祝いのお礼状

出産祝いをいただいたときに贈るお礼状や、メッセージカード、手紙などは、相手に感謝の気持ちを表現する上で大切なマナーのひとつです。ここでは、出産内祝いにまつわるお礼状、メッセージカードの書き方をご紹介します。

出産内祝いの相場

出産内祝いを贈る際には、お贈りする品物の相場も気になるマナーのひとつです。いただいた出産祝いの品物の、半額(半返し)から三分の一程度が一般的です。

出産内祝いの選び方

内祝いは出産後1か月後、お宮参りが済んだ頃を目安にお贈りするのが一般的です。相手のライフスタイルや年齢に応じて喜ばれる贈りものをチョイスするのがオススメです。

出産内祝いを断られた場合

出産祝いをいただいた際に「お返し(お祝いのお返し)はいらない」と言われた場合の対処方法についてご説明します。

出産内祝いの渡し方

訪問してお渡しするのが良いという考えもあるようですが、最近は配送が主流となっています。贈りものに添えるメッセージカードや挨拶状も忘れずにつけるようにしましょう。

出産内祝いの「のし」について

出産祝いをいただいたのち、いざ出産内祝いを選ぶ際にいざとなると悩んでしまうのが、表書き、水引などのしの約束事。ちょっとした「しきたり」をふまえるだけで、より喜びを伝えられます。

PAGE TOP