コンテンツへ
  • Tポイント
    利用手続き

  • 店舗検索

  • ご利用ガイド

  • 0

    カートを見る

サイト内検索

香典返し

故人を偲んでくださった方々へ
感謝の気持ちを込めて贈るお返しギフト

お通夜や葬儀で故人にお供えいただいた香典へのお返しギフトが香典返し(満中陰志)です。 “消えもの”と言われる定番ギフトやブランド品、名店の味、人気のカタログギフトなど、お悔やみいただいた方々へ香典返しの地域の慣習や宗教などのマナーを押さえつつ、お礼が伝わる品を多数ご用意しております。 四十九日法要の分かりにくいマナー、香典返しを贈る時期、挨拶状・お礼状の書き方や文例などのお悩みをサポート。

無料シャディ限定ギフトサービス

香典返しは地域の慣習や宗教によってマナーが異なります。ギフト専門のシャディだからできる、マナーを押さえた香典返し専用の無料サービスをご用意しています。

お届け先が多い方におすすめの便利なサービス

香典返しによく利用されるギフト

お香典=不祝儀に対するお返しとなります。 そのため、品物は後に残らないもの、すぐに使ってしまうもの、いわゆる“消え物”がよいとされます。 慶事を思わせるお花やチョコレートは贈らないのが一般的です。

食べてなくなる“消えもの”

お茶、海苔、お菓子といった食品は「食べたらなくなる」という意味合いから“消えもの”として定番のギフトです。 相手の方がいつ召しあがるかは分からないので、日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。

使えばなくなる“消えもの”

日用品も使えばなくなるものとして、香典返しの定番とされています。不幸を洗い流すという意味もあり石鹸や洗剤がよく利用されます。また、タオルは仏の世界への旅立ちに白装束で旅立つという意味があり、香典返しによく利用されます。

価格で選ぶ

香典返しは、香典で頂いた金額の「半返し」が相場の目安です。 一家の働き手が亡くなった場合は、香典の3分の1程度でよいとされています。一定の品物を一律に返すこともありますし、金額にあまりこだわらなくてもよいでしょう。

カテゴリで選ぶ

ジュースやコーヒー、スイーツやグルメ、 日常に使える洗剤が特に人気です。「カタログギフト」も様々な年代の方に 喜ばれるおすすめのギフトです。 あの方の笑顔を想いながら、 感謝の気持ちが伝わる一品をお選びください。

ブランドで選ぶ

香典返しで人気のブランドをご紹介します。 定番の洗剤やコーヒー、和菓子など、おすすめのブランドを多数取り揃えております。
  • STARBUCKS
  • UCC
  • ライオン
  • 花王
  • 今治
  • 白子のり
  • ニッスイ
  • なだ万
  • 銀座千疋屋
  • 赤坂柿山

香典返しのマナー

香典返しとは?
香典(香奠)とは、仏式等の葬儀で、死者の霊前等に供える金品のことをいい、香料ともいいます。葬儀・告別式で故人にお供えいただいたご厚志(お香典・玉串料・お花料・お供え)に対して、忌明け法要が無事終えたことをお伝えするとともに、感謝の気持ちをお伝えする返礼の品物のことを香典返しといいます。関西では香典返しのことを「満中陰志」と呼びます。

>>> 詳しくはこちら
香典返しを贈る時期は?
香典返しは、亡くなった故人の冥福を祈り、遺族が喪に服す期間の終わりである「忌明け」の法要後に贈るのが一般的です。そのため香典返しに添えるご挨拶状・お礼状にも法要が無事に終えたことをお伝えします。法要後一か月以内が目安となりますが、法要後すぐに贈られる方が多いようです。但し、忌明けの日にちは宗教により異なりますので、忌明け前に贈ることのないよう注意が必要となります。

>>> 詳しくはこちら
香典返しのご挨拶状・お礼状は必要?
香典返しは、時間を割いて葬儀・告別式に参列し、お供えいただいたご厚志に対して、お悔やみいただいた方々に感謝の気持ちを伝える習わしです。香典返しの品物をお贈りする際には、その感謝の気持ちを表すため、また忌明けの法要が滞りなく終えたご連絡をするために、ご挨拶状・お礼状を添えるのが一般的です。ただご挨拶状は、宗教によって使う言葉が異なります。

>>> 詳しくはこちら
香典返しの相場・金額の目安は?
香典返しの金額は、いただいたご厚志(お香典・玉ぐし料・お花料・お供え)の半分程度を返す「半返し」が一般的といわれています。以前は、関東では半返し、関西では3分の1返しが一般的とされてきましたが、昨今、全国から葬儀・告別式に参列者が訪れ、単純に東西と分けて金額を決めることが難しくなってきたため、基本は「半返し」と考えておけばよいでしょう。

>>> 詳しくはこちら
香典返しになにを贈ればいい?
お香典=不祝儀に対するお返しとなります。そのため、香典返しの品物は後に残らない食品や、すぐに使ってしまう日用品などのいわゆる「消えもの」が良いとされ、相手に選んでいただくカタログギフトも人気です。一般的に肉や魚は「四つ足生臭もの」と呼ばれ昔から避けられているほか、お酒などの嗜好品や、慶事によく使われるかつお節や昆布、お花やチョコレートは贈らないのが一般的です。

>>> 詳しくはこちら

PAGE TOP