コンテンツへ
  • Tポイント
    利用手続き

  • 店舗検索

  • ご利用ガイド

  • 0

    カートを見る

サイト内検索

贈りものをする前に見ておきたい
香典返しのマナー・豆知識

香典返しの品物・好適品とは?
定番の品物や贈る相手別おすすめギフト

香典返しのお礼の品物はなにを贈ればいいでしょうか?香典返しの品物には良いとされている品物や避けた方がいいタブーとされる品物があります。ここでは香典返しの定番の品物や人気ランキング、もらって嬉しいと喜ばれる、贈る相手別のおすすめギフトをご紹介します。

香典返しの品物・好適品
香典返しになにを贈ればいい?

香典返しに選ぶ品物は、「不祝儀を残さない」という考えから「後に残らないもの」を選ぶのが一般的とされています。そのため、香典返しの品物は後に残らない品物や、すぐに使ってしまう日用品などのいわゆる“消えもの”が良いとされています。また相手に選んでいただくカタログギフトも人気です。

香典返しになにを贈ればよいかお悩みの方は、人気ランキングから選ぶのもおすすめです。ギフト専門店のシャディ ギフトモールの品物人気ランキングをご紹介します。

“消えもの”としての定番の品物

「食べたらなくなる」という意味合いから“消えもの”とされているお茶、海苔、お菓子といった食べ物やタオルなどの日用品は香典返しの定番の品物です。それぞれの品物の持つ意味をご紹介します。

お茶

お茶

お茶を飲んで故人を偲ぶや故人をこの世からあの世に送り出すという境界線という意味を含んでいます。

海苔

海苔

「食べてなくなる」消耗品というところから相手に不幸が及ぶのを消滅させるという意味を含んでいます。

タオル

タオル

仏式では、仏の世界へ白装束で旅立つために、さらしが利用されていました。シーツなどもその名残です。

洗剤

洗剤

不幸を洗い流すという意味を含むことから。また実用品として贈っても喜ばれます。

消えもの以外で好まれている香典返しの品物

消えもの以外でも、好まれている香典返しの品物はほかにもあります。贈り先の方の好みや故人にまつわる品物があれば、消えもの以外から選ぶのもよいでしょう。

陶器

昔は死んだ後、土に埋葬されていました。そういうところから、人間は土に帰るという意味を含めて、陶器を贈ることがあるそうです。

漆器

不幸を塗りつぶすという意味と、二度と不幸がないように色直しをする、というところから選ばれることが多いようです。

家庭用金物類

昔から金物は光るものとして、魔除けに用いられてきました。そのようなことから昨今ではステンレスやアルミ、銅製品を贈るようになっています。

香典返しで近年人気のカタログギフト

カタログギフトは好きな品物を相手の方に選んでいただけることから、香典返しで「もらって嬉しいギフト」として人気を集めています。またお返し先の多い香典返しでは、商品を1点1点選ぶのに時間がかかってしまうため、香典の金額に応じて選べる価格帯やコースが豊富な点も人気の理由の一つです。

  • 相手の方にたくさんある品物の中から好きなものを選んでいただける
  • 予算に合わせて様々な価格があり、選ぶ手間が省ける
  • 価格が明記されていないので、返礼金額がわからない

香典返しに最適なシャディの総合型のカタログギフトAS YOU LIKEでは、2000円台から10万円台まで14段階の金額をご用意しています。いただいた香典返しの半返しの金額をお選びいただけます。ほかにもグルメ専用のカタログギフト味景や熟成肉専門のカタログギフトなど好みに合わせてお選びいただけます。

総合カタログギフト・和風
AS YOU LIKE

各国のブランドからトレンドなアイテム、体験ギフトやグルメまで“ありがとう”の想いが伝わるカタログギフトです。

一覧を見る

総合カタログギフト・洋風
AS YOU LIKE

贈る相手の趣味を外したくない方におすすめ。旅行から雑貨までバラエティ豊富なカタログギフトです。

一覧を見る

グルメ・カタログギフト
味景

ブランドが贈る至福の味から、一流ホテル・老舗料亭の名店グルメまで盛りだくさんのカタログギフトです。

一覧を見る

こだわりの肉グルメが楽しめる
格之進カタログギフト

お肉のおいしさを追求した格之進の熟成肉のカタログギフト。内容はそのままに、コンパクトなカードタイプが登場!

一覧を見る

香典返しで避けるべきタブーな品物とは?

一般的に肉や魚は「四つ足生臭もの」と呼ばれ昔から避けられているほか、お酒などの嗜好品や、慶事によく使われるかつお節や昆布、お花やチョコレートは贈らないのが一般的です。

香典返しで商品券や金券を贈るのも、避けたほうが良いでしょう。金額がそのままわかってしまうため、贈る相手によっては失礼になる場合もあり、避けるのが無難です。何を贈ればよいか分からない時や、相手に好きなものを選んでいただきたい時にはカタログギフトを贈りましょう。

贈る相手によって最適な香典返しの品物とは

親族への香典返し

親族・親戚の場合、香典の金額が一般の方よりも多めにいただくことがあります。親族・親戚への香典返しは「葬儀の足しに」や「あとあとの生活のために」という意味合いが込められていますので、必ずしも半返しする必要はありません。

5万円や10万円の香典をいただけば、1/3返しでも高額の香典返しとなります。

好みでないものをお贈りするのでは、と不安な方にはさまざまな商品から好きなものを選べるカタログギフトがおすすめです。カタログギフトだけでは物足りないという場合は、カタログギフトとお菓子のセットやカタログギフトとタオルのセットもおすすめです。

会社への香典返し

【会社の慶弔規定でいただいた香典に対して】

香典の名義が会社名であれば、社内の慶弔規定により「福利厚生」として扱われていることがほとんどのため、香典返しの必要はありません。

【上司や社長からいただいた香典に対して】

会社の慶弔規定ではなく、個人的にいただいた香典に対しては、香典返しの品物を送ります。香典返しに金額があからさまにわかってしまう商品券や金券をお返しするのは、失礼にあたってしまいますので気を付けましょう。
社長や上司など目上の方への香典返しは、高級感のあるブランドタオルやカタログギフトがおすすめです。遠方であった場合を除いて、忌明け法要後に、会社に持参して手渡しするのが良いでしょう。

【所属部署から連名でいただいた香典に対して】

「社員一同」など、所属する部署やチームから連名で香典をいただくこともあります。この場合は香典返しを用意します。一人一人の金額が多い場合には、忌明け法要後に香典返しとして、前段にあった好適品を手渡しで、お贈りするのが良いでしょう。金額が小さい場合は、忌明け法要を待たずに、忌引き出社後に配りやすい個包装のお菓子やスティックコーヒーなど小分けができる品物が良いでしょう。

その他の香典返しのマナー・豆知識

PAGE TOP