年忌法要・法事の引き出物は、ギフト専門店のシャディギフトモールにお任せください。引き出物には地域によって決まりごとがあることもありますから、法事・法要をする地域に詳しいご親族に尋ねたり、お近くのシャディショップ、サラダ館などのギフト専門店で地域の風習をお聞きになることをおすすめします。

法事・法要の引き出物、お返しに関するマナー

引き出物はどうようなものを選ぶ?

法要の引き出物は、基本的に参列者全員に用意をします。金額は2千円~5千円程度が一般的です。品物はいくらあっても困らない実用品が人気で、故人らしさのある品を選びたいですが、帰路にかさばったり、重かったりするようなものは避けるようにします。三回忌ぐらいまでは、これにお菓子やお茶などをつけて二重ねにする地域や、それ以外でも決まりごとがある地域もありますので、地域に詳しいご親族に尋ねたり、お近くのシャディショップ、サラダ館などのギフト専門店で地域の風習をお聞きになることをおすすめします。シャディのカタログギフトならさまざまな年齢の方でも、お好きなものが選べるカタログギフト「アズユーライク」も人気です。

仏式の年忌法要を行う時期は?

仏式では、一周忌だけは満で数え、亡くなられた翌年の命日に一周忌の法要を行います。次からは死亡した年も入れて数え、満2年目に三回忌を営みます。以降七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、五十、百回忌となります。地域によっては、二十三と二十七の変わりに二十五回忌を営んだりします。また宗派によっては、五十回忌で弔い上げしますが、一般的には三十三回忌で弔い上げとするがことが多いようです。

神式やキリスト教の年忌法要を行う時期は?

神式では十年祭までを盛大に行います。一年祭のあと、三、五、十年祭を行い、その後は十年ごとに年祭を営むのが習慣です。キリスト教のカソリックでは、一、三、十年などの区切りのいい年にミサを行います。プロテスタントでは、お亡くなりになられてから数年間は一年ごとに記念式を行います。カソリック、プロテスタントどちらも特定の決まりは無く、遺族をはじめ神父や牧師さんの方針で、故人を偲ぶ記念式や追悼ミサが行われます。

おすすめのサービス

地域の風習もおまかせ 店頭でゆっくりと
ご相談いただけます
オリジナル メッセージカード 世界でたったひとつの贈りもの

おすすめの定番商品

故人の法要に集まっていただいた方々への引き物には、あとに残らないものが人気です。またあまり華美にならない品物を選ぶことが大切です。また、気遣いとして帰路にかさばったり、重かったりするようなものは避けることも検討しましょう。

カタログギフト

シャディのカタログギフトなら、年忌法要・法事の引き出物、お返しににぴったりです。カタログギフトはさまざまな年齢の方に喜んでいただける、ひと品がきっとみつかります。用途、お好みに応じて「洋風デザイン」「和風デザイン」など表紙を選べるのもポイントです。また、多彩なジャンルのグルメを集めたグルメ専用カタログギフト「ボーノ・タイム」なら、きっと贈り先様にも喜んでいただけます。
用途・予算に合わせてお選びいただける充実のカタログギフト

商品カテゴリから選ぶ

引き物は消耗品、食べ物、洗剤など後に残らないものがふさわしいですが、遠方から来られる方や、日持ちのことも考慮するとよりベストでしょう。海苔やお菓子などは軽いので持ち帰りするには便利です。日持ちという点では、洗剤や乾物なども選ばれる理由となっています。

価格から選ぶ

初盆・新盆のお返し、引き物は地域によって差があることがあります。お供えの額が決まっている地域などがありますので、ご親族に聞いてみたり、その他お近くのシャディショップ、サラダ館にご確認いただければお答えいたします。高額のお供え物をいただいた場合は、気になる場合はお返しをしてもよいでしょう。

ShaddyのギフトサービスSERVICE