そもそも香典返しってなに?

コンテンツへ
サイト内検索

贈りものをする前に見ておきたい

香典返しの
マナー・豆知識

そもそも香典返しってなに?

香典(香奠)とは、仏式等の葬儀で、死者の霊前等に供える金品のことをいい、香料ともいいます。「香」の字が用いられるのは、香・線香の代わりに供えるという意味があり、「奠」とはご霊前に供える金品の意味です。葬儀・告別式で故人にお供えいただいたご厚志(お香典・玉串料・お花料・お供え)に対して、忌明け法要が無事終えたことをお伝えするとともに、感謝の気持ちをお伝えする返礼の品物のことを香典返しといいます。

仏教における考えである逝去後四十九日(七七日忌)のことを「中陰」と呼び、その中陰が満ちて(満中陰)忌明けを迎え、死者があの世へ辿り着いた(無事成仏した)ことに対して、感謝の気持ちを表す(志)ことから、関西では香典返しのことを満中陰志と呼びます。

香典返しの由来

昔、人が亡くなると近親者は忌中(七七日忌法要まで)は自宅で喪に服していたそうです。その為、葬儀等の準備は近所の手によって行われており、こういった方々への食事の炊き出しで、葬儀では多くの食品を必要とした為、また相互扶助の考え方から、香典として『米』を持ち寄っていたようです。ただこの時代には香典返しはなかったようです。

お米を持ち寄る習慣が、お香やお供えものに変化しました。故人のご家族への心づけ、また出費も多くなることから香典として現金を供えるようになったのが、江戸時代と言われています。

江戸時代では、頂いた香典に対し、お礼の品物を贈るのではなく、香典帳に名前・住所・金額を記載しておき、そのご家庭に不幸があった際に、香典帳に記した金額と同じ金額の香典を持っていくようになりました。これが香典返しの始まりと言われています。

今でも香典帳を記す風習は残っていますが、一方で、葬儀にいただいた香典のおかげで忌中の間、供養することが出来、故人も無事に浄土に旅立つ事が出来ましたという感謝の気持ちを表すため、品物をお返しする習慣が生れ、現代の香典返しとなりました。

香典返しの変化

家族葬・直葬などの葬儀の形態が変化してきているのと同じように、香典返しも変化しています。東北から関東・中部の地域では、葬儀の当日に香典返しをする「当日返し」が主流となっているほか、京都・奈良・和歌山では、香典そのものを辞退する葬儀が増えつつあり、結果、香典返しがなくなりつつある地域もあります。

その他の香典返しのマナー・豆知識

PAGE TOP