お礼は 返す? 返さない?

コンテンツへ
サイト内検索

贈る時期は? のしの基本は?

お中元・暑中見舞い
マナー・豆知識

お中元のお返し

「お中元にお返しは必要ない」と聞いたことがあるけど本当?つい迷ってしまう、お返しを贈るかどうか、お礼状の送り方、お返しを贈る際のマナーなどわかりやすくご紹介します。

いただいたお中元へのお礼

お中元を貰った際に、お返しをどうしたら良いか迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。
日頃お世話になっていることへの感謝の気持ちを込めてお贈りするお中元ですから、感謝のやりとりを繰り返していたらキリがありません。ですので、お中元に対してお返しを贈る必要はなく、お中元は返さないケースが一般的になっています。

しかしながら、感謝の気持ちがこもったお中元をいただいた際は、贈ってくださった方にお礼の気持ちを伝えることが大切です。とても親しい関係の方に限っては電話でのお礼でも構いませんが、そうでない場合は手紙でお伝えするのが礼儀といえるでしょう。

お礼状を封書で先方に送るのがもっとも丁寧な方法ですから、上司や目上の方にハガキでお礼状を出すのはできるだけ避けた方が良いでしょう。もしも、ハガキで出す場合には、「葉書にて失礼いたします」といったひと言を必ず添えるようにします。他には、お礼をカードに書いて、封筒に入れて送る方法もあります。

手紙

お礼状を送る時期は、時間がたってしまうと感謝の気持ちが薄れてしまいますし、確かに受け取りましたという報告にもなりますので、できるだけ早く出すように心がけましょう。あまり時間をおかず、できれば品物が届いてから3日以内にお礼状を出したいものです。

お中元にお返しをする場合

上司や目上の方からお中元をいただいた場合や、お世話の度合いがお互い様というとき、いただき過ぎが気になる、といったときは、半返し、あるいは三分返しをすることがありますが、お中元という名目でお贈りするかどうかは相手との関係性によって考えます。

お中元のお返しを贈る際はタイミングをずらして、立秋の頃までなら「暑中見舞い」、立秋を過ぎたら「残暑見舞い」として贈ると良いでしょう。あるいは、旅行に行ったときの「お土産」など自然なかたちでお礼をするのも良い方法です。お中元は1回限りではなく継続して贈るものですから、相手との関係性によっては「お中元」としても良いでしょう。

お返しをする時期については、あまり早くお送りしても「贈りものをした相手からお返しがすぐに届き、かえって気を遣わせてしまったのでは・・・」と思われてしまったり、形式的な印象を与えてしまうこともあります。お返しをするタイミングは、1週間では早すぎますし、1カ月を過ぎてしまっては遅すぎるでしょう。2週間~4週間程度のお届けを目安になさってください。

お贈りするお礼の品物は、あまり気を遣わせない様、ちょっとしたお菓子、コーヒーやジュースなど、気楽なものを選べば喜んでいただけるでしょう。

直接届けていただいた方には、「お移り(※)」をするのが良いでしょう。儀礼的な「お移り」なら、半紙をたたんだものでいいのですが、それでは儀礼的すぎますから、ハンカチや靴下、あるいは缶詰やクッキーといったちょっとした品物を用意しておいてお返し代わりに贈るようにします。

※お移りとは?
お移りとは、盆や重箱を用いて贈りものをいただいたとき、その器にちょっとしたお返しを入れて渡すこと。日本に古くからある習慣です。もともと「贈答」は神様に御供えした食べ物を全員でまわして食べあった習慣が起源で、移しまわしの習慣の名残と言えます。

お中元

「お移り」にはマッチや半紙などがよく用いられますが、これにも縁起をかつぐ意味があります。マッチは硫黄が「祝う」に通じるところから。一方、半紙は習字の稽古用に、また紙が「神」に通じるからという説も残されています。現代では、日常的な贈答に対してもお菓子や缶詰などの品を「お移り」として渡すことも。とくに目下の人がお中元を持参してくれたときは、こうした実用品を用意しておく心遣いがほしいものです。

「お移り」の風習は「これからもまた良いことがありますように」「おつきあいが続きますように」といった願いを込めてのものです。地方によって「おとび」や「おとめ」「おため」など呼び方もさまざまですが、神様の贈りものである「贈べ(たべ)」が変化した言葉で基本精神は同じです。

その他のお中元・暑中見舞いのマナー・豆知識

PAGE TOP