コンテンツへ
  • Tポイント
    利用手続き

  • 店舗検索

  • ご利用ガイド

  • 0

    カートを見る

サイト内検索

時期はいつ?お返しは必要?

入学内祝い・
入園内祝いのマナー

入学・入園内祝いの
熨斗(のし)や表書きはどうする?

子供にとって入学・入園は、社会に旅立つ第一歩です。この旅立ちを一緒に祝福してくれた祖父母や親戚に感謝の気持ちを伝えましょう。

地域によっては子供のお祝い事に、内祝いやお返しは必要ないとする所もあるようです。冠婚葬祭のルールは地域差が大きいので、住んでいる場所の風習に合わせる必要があります。また、親戚内での習慣・ルールがある場合もあるので、親戚の年長者に確認をするのがよいでしょう。

お返しはしなくても、感謝の気持ちを伝えることは大切ですので、あまり日を置かずに手紙やメッセージカードなどで感謝の気持ちを表すことを忘れないようにしてください。

さて、入学・入園の内祝いを贈りたいけれど、いざ贈るとなると熨斗(のし)紙の種類や表書き、名入れなど、「どのようにするのがよいのか?」と迷ってしまうものです。

迷ってしまった方は、ここで一緒に確認して行きましょう!

入学祝い・入園祝いの熨斗(のし)紙は、「紅白のもろわな結び(花結び・蝶結び)ののし紙」を使用します。

出産から始まって長寿のお祝いまで、人生には様々なお祝いがありますが、「入学・入園祝い」のように何度でもよいお祝いの熨斗紙(のし紙)には、一般的に端を引くと結び目がほどけ、また結び直すことのできる「もろわな結び(花結び・蝶結び)」を使用します。

反対に「結婚祝い」や「快気祝い」などのように、何度も繰り返したくないお祝いののし紙には、一度結んだらほどけることのない結びのもの(真結び)を使用します。これは人生の中で一度限りという意味からです。

そのため、入学・入園のような何度でもおめでたいお祝い事には、「紅白のもろわな結びの熨斗紙(のし紙)」を使用しましょう。

のし紙で迷うことの多い、「内のし」と「外のし」を使うシチュエーションの違いってご存知でしょうか?

贈答品に直接のしをかけてから包装紙で包むのが内のし、包装紙の上からのしをかけたものが外のしです。内のしと外のしの使い分けに正式な決まりがある訳ではありませんが、入学・入園内祝いの場合は、内のしが適切でしょう。

現在では内祝いと聞くと、お返しや返礼品をイメージされる方が多いと思いますが、もともとは自分たちにお祝い事があったので、お裾分けをするという意味があります。相手の慶事をお祝いするための贈り物ではないので、内祝いには控えめな感じを抱く内のしがおすすめです。

入学内祝い・入園内祝いの名入れは、お子様の名前のみを入れます。

お子様の入園、入学などの内祝いには、名入れにお子様の名前のみを書きます。これは、お子様自身が「ありがとうございます。」という感謝の気持ちを込めて内祝いを贈ることを示したいからです。ただし、親として「感謝の気持ちを表したい」というときは、親の姓名を書く場合もあります。

小学校入学の内祝いまでは、入学されるお子様の名前のみを書かれるのが一般的ですが、中学校、高校、大学の内祝いになると、本人もしっかりとしてくるイメージがあるので、名字のみとされる方が多くなるそうです。

表書きは、「内祝」または「入園内祝」「入学内祝」として贈るのがよいでしょう。

表書きの種類
内祝
御礼
お礼
入園内祝
入学内祝

名入れ
お子様の姓または名
※表書きが「御礼」の場合は、親の姓名でもよい。

お子様からきちんと感謝の気持ちを伝えさせることが大切です。

入学・入園のお祝いは、ご両親ではなくお子様がいただくものですから、本人からきちんと感謝の気持ちを伝えることがマナーです。お子様が文字を書ける年齢に達しているのであれば、お返しの品を贈る場合、品物だけではなく手紙やメッセージを添えると、より感謝の気持ちが伝わるでしょう。

小さなお子様で、入園や小学校入学の内祝いといった場合には、お返しの品にお子様の写真やお子様の描いた絵を同封したり、電話で直接「ありがとう」と伝えても喜ばれると思います。

\写真入りメッセージカードの無料作成も可能!/

入学内祝い・入園内祝いTOPページ

その他の入学内祝い・入園内祝いのマナー

入学内祝い・入園内祝いTOPページ

PAGE TOP