コンテンツへ
  • Tポイント
    利用手続き

  • 店舗検索

  • ご利用ガイド

  • 0

    カートを見る

サイト内検索

時期はいつ?お返しは必要?

入学内祝い・
入園内祝いのマナー

入学内祝い・入園内祝いの
タブーや贈ってはいけないものはある?

入学内祝いを贈ろうと考えた場合、相手に喜んでもらえるような贈り物はなにか考えますよね?内祝いのタブーや、贈ってはいけないとされている贈り物があることを知っていますか?入学内祝いを贈る前に、内祝いの基本的なマナーを確認し、相手に失礼がないような品物を贈りましょう。基本的なマナーを知らずに品物を選ぶと、失礼になるだけでなく、自分自身が恥ずかしい思いをしてしまう可能性もありますので注意が必要です。ここで一緒に、入学内祝いのマナーを勉強しましょう。

入学・入園内祝いのタブー

まず、入学祝いをいただいたときにお礼をしないというのは失礼にあたります。両親や親戚などからお祝いをいただいたときに「お返しはいらないよ」と言われることも多いかと思いますが、そのときはお言葉に甘えるのもいいかもしれません。しかし、お会いする機会などがあれば手土産などでお返しするのもいいでしょう。お礼の手紙や、電話をするのも忘れないようにしましょう。お子様から直接お礼の電話や、お手紙を書くのも喜ばれると思います。
次に、入学内祝いを贈ったとき、タブーとされていることは避けたいですよね。入学内祝いを贈るときにやってはいけないNG行動をまとめてみました。

入学式から時期がずれるのはNG

入学内祝いを贈る時期は早すぎても、遅すぎてもいけません。入学内祝いは、無事に入学できたご報告も兼ねたものですので、入学式後1カ月以内が目安です。入学祝いを直接いただいた場合、その場でお礼を伝えましょう。また、遠方から届いた場合には、すぐに電話でお礼を伝えるようにしましょう。入学内祝いの品物は、入学式後1か月以内にお子様と一緒に訪問して手渡しするのがベストです。遠方の場合は、お礼状を添えて郵送するとよいでしょう。

いただいた金額よりも高価なものを贈るのはNG

いただいた金額よりも高価なものを贈ることは、嫌みにうけとられてしまうこともあるので控えましょう。お返しの品物の金額は、いただいた金額の1/3~1/2が目安です。高額や高価なものをいただいた場合は、無理のない範囲でお返しを選びましょう。

誰かに頼んで贈るのはNG

本来内祝いは「祝いごとの喜びをお裾わけする」といった意味があります。お祝いをいただいた本人と直接関係のない人を介して内祝いを渡すのは失礼にあたります。親戚への内祝いを両親へ頼んだりすることはやめましょう。

のしや包装がされていないのはNG

内祝いはフォーマルな贈答品なので、包装をしないで贈るのはやめましょう。感謝の気持ちを表すためにも、のしをつけることをおすすめします。

入学・入園内祝いに贈ってはいけないものは?

せっかく選んだ贈り物、気づかないうちにタブーな贈り物を選んでいる可能性があります。祝いごとは縁起を重視しますので、縁起の悪いものは贈り物には不向きです。日本では、言葉の意味や漢字が転じて縁起の良し悪しが決まります。贈り物にもタブーがありますので、参考にしてください。

ハンカチ

ハンカチは漢字で書くと「手巾」です。手切れを連想させ、縁切りの意味合いにもなり不向きとされています。これに加えて「涙を拭うもの」というイメージから、別れや悲しみを連想されることもあります。特に白いハンカチは、くなった人の顔にかける白布を連想させるので、避けたほうがよいでしょう。

くしやシクラメン

語呂合わせにも注意が必要です。死や苦を連想させることから不向きとされています。

お茶

日本茶は香典返しに使われることが多いため、祝いごとの贈り物には不向きとされています。しかし、コーヒーが苦手で日本茶が好きな相手には、高級な緑茶を贈ったりすれば喜ばれそうですよね。相手の好みを優先して選ぶのもありなので、相手との関係性などを考えて選ぶのもいいでしょう。

\写真入りメッセージカードの無料作成も可能!/

入学内祝い・入園内祝いTOPページ

その他の入学内祝い・入園内祝いのマナー

入学内祝い・入園内祝いTOPページ

PAGE TOP