【最新版2021年】入学内祝い・入園内祝いを贈る時期はいつですか?

コンテンツへ
サイト内検索
  • 新規会員登録で\500円 OFFクーポンプレゼント
  • Tポイントが貯まる・使える

時期はいつ?お返しは必要?

入学内祝い・
入園内祝いのマナー

入学内祝い・入園内祝いを贈る時期はいつですか?

お祝いは入学・入園の1週間前までに贈るのが一般的ですが、お返しはお祝いをいただいてから、すぐに贈る必要はありません。
具体的には、入学・入園後、1カ月以内をめどに贈るようにしましょう。

本来、人の成長を祝う通過儀礼としてのお祝いは、内祝いなのでお返しは不要とされています。ただし、礼儀として感謝の気持ちを電話やお礼状ですぐに伝えるようにしましょう。入学・入園のお祝いはご両親ではなくお子様がいただくものですから、本人からきちんとお礼の言葉を伝えることがマナーです。

慣例としてのお返しをする必要はありませんが、内輪での祝宴に招く場合は、当日の会食がお返しのタイミングです。

どうしてもお礼として、心ばかりの返礼品を贈りたいという場合は、「内祝」または「御礼」として贈るとよいでしょう。

入学内祝い・入園内祝いが遅れた場合は?

入学・入園後、1ヶ月以内をめどに贈る入学内祝い・入園内祝い。入学や入園が4月の場合は、4月中に贈るのがベターとされています。
ですが、うっかりお礼やお返しを忘れてしまった……という場合はどうすればいいのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もしお祝いをいただいてから時間が経ってしまった、お礼が遅くなった場合は、手紙に一言添えるようにしましょう。「本来であればすぐにお礼を申し上げるところ、ご連絡が遅くなりまして大変申し訳ございません。」「お礼が遅くなりましたこと、心よりお詫び申し上げます」などといった形です。
ひとつ注意点は、電話でのお礼はすぐにするということです。電話の連絡も無いと、相手も贈りものが手元に届いているか不安になりますよね。そのため、電話だけは忘れずすぐにかける方がよいでしょう。

入学内祝い・入園内祝いを贈る時期はどこの地域も同じ?

入学内祝い・入園内祝いを贈る時期は、基本的にどの地域も同じとされています。
ただ、入学内祝い・入園内祝いの文化や習慣自体がないという地域もあるようです。不安な方は、贈るときに自分が住んでいる地域がどういった風習なのかチェックしておくとよいかもしれません。

入学内祝い・入園内祝いの渡し方は?

入学内祝い・入園内祝いは、手渡しで渡すのか?インターネットでもよいのか?迷われている方もいらっしゃるかもしれません。
結論として、入学内祝い・入園内祝いはインターネットで郵送しても問題ありません
特に近年はウイルスの流行で移動が制限されていたり、おじいちゃん・おばあちゃんに会うのが不安という方も多いかと思いますので
郵送なら安心して送れる点もおすすめのポイントです。

最近では入学内祝い・入園内祝いの人気のプレゼントやギフトを取り揃えているところがたくさんありますので
一度チェックしてみるといいかもしれませんね。

入学内祝い・入園内祝い特集を見る>

その他の入学内祝い・入園内祝いのマナー

入学内祝い・入園内祝いTOPページ

PAGE TOP