お歳暮を贈る際、挨拶文は必要?

挨拶状を出すタイミング

お歳暮は日頃お世話になっている方へのお礼とこれからも末永いお付き合いをお願いします、という気持ちを込めて贈るもの。
特にお世話になった方へは、お歳暮を持参して日頃の感謝の気持ちを伝えたいものです。とはいえ、先方が多忙でお時間調整をしていただくのが難しい場合や、遠方のため訪問するのが困難などの様々な事情から手渡しできないケースが多いのも実状です。最近ではインターネットショッピングの普及も後押しし、配送するのが主流となっています。

お歳暮を直接お渡しできず配送する際には、挨拶状(送り状または添え状)を送るようにしましょう
挨拶状は商品と一緒に送る方法と(添え状)、商品とは別に郵送する方法(送り状)があり、送り状の方が丁寧です。特に目上の方へは送り状を別便で出すことをお勧めします。送り状は品物より先に届くよう早めに投函します。お歳暮をお贈りすることを事前にお知らせしておくことで、先方も予定をたてやすくなります。

ギフト店やデパート等の店頭で購入する場合は、あらかじめ添え状を用意してから来店します。店舗や品物によって対応可否が異なりますので、商品と同送できるかは店頭で確認が必要です。但し、添え状を封筒などに入れる場合、封をすると同送できませんのでご注意ください(※)。
※通常、書状は信書扱いとなるため宅配便で送ることはできません。ですが、郵便法第4条第3項に定められている通り、条件を満たせば添え状を商品と一緒に送ることができます。
<郵便法第4条第3項>
運送営業者、その代表者又はその代理人その他の従業者は、その運送方法により他人のために信書の送達をしてはならない。ただし、貨物に添付する無封の添え状又は送り状は、この限りでないこととされている。

インターネットでの注文を検討されている場合には、事前に各サイトのサービスを確認しておきましょう。定型の挨拶状やご自身で作成した挨拶文でメッセージカードを作成できるサービスを用意しているショッピングサイトを利用するとスムーズです。

ただ、店頭・インターネットなど購入場所に関わらず、産地やメーカーからの直送商品などは添え状を商品にお付けできない場合もあるので、注文時に確認をしておきましょう。

挨拶状に書く内容

挨拶文を書くのが苦手という方は、「きちんと書かなければ失礼にあたってしまうのでは・・・」と考え過ぎてしまう前に、かたちにとらわれ過ぎず、肩の力を抜いて筆をとってみてはいかがでしょうか。素直な話し言葉で丁寧に書けば、きっと感謝の気持ちは伝わります。 ただ、普通の手紙での「拝啓」に「敬具」、丁寧な手紙での「謹啓」に「謹白」、前文を省略する場合の「前略」に「草々」、というようによく使われる頭語と結語の関係だけは間違えないようにします。また商品とは別に送り状を出す場合には、いつ何をどの店から贈ったのか配送会社はどこかなど、できるだけ詳しく書き添えます。

1)前文
頭語(拝啓など)、時候の挨拶。相手の安否を気遣い、自分の安否を伝えます。
2)主文
「さて」「つきまして」など起こしの言葉のあとに、感謝の気持ちなど、主な目的や用件を簡潔に書きます。
3)末文
相手やその家族の健康、繁栄を祈っている旨を書きます。
4)あと付け
結語(敬具など)、日付・署名で締めくくります。

お礼状は、手書き?

近年、パソコンやスマートフォンの普及で文字を書く機会が減りました。字を書く機会が少なくなり、字を書くことが億劫になってしまっている方も多いのではないでしょうか。パソコンで作成した文章がダメということではありませんが、字の上手下手ではなく、やはり心を込めて手書きする方が望ましく、相手に伝わる度合いも違ってきます。もしパソコンで作成した場合でも、自分の名前だけは手書きにしましょう。

文例

<上司や目上の方へ>
拝啓
本年もいよいよ押し迫り、余日少なくなりましたが、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
常々より親身も及ばぬお心配り、お礼の申し上げようもございません。心より感謝しております。日頃のご無沙汰のお詫びかたがたご挨拶にお伺いすべきところ失礼とは存じますが、ただ今、別便にて○○店からお飲み物一箱をお歳暮のしるしまでにお送りいたしました。軽少ではございますが、お受け取りいただければ幸いです。
寒さの折から、皆様のご自愛をお祈り申し上げます。
まずは、ご挨拶まで。
敬具
○月○日
○○○○

<ビジネス関係>
謹啓
初冬の候、貴社ますますご清祥のことと御喜び申し上げます。
平素は、格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
早速ではございますが、貴社から本年のご厚誼ご鞭撻賜りました御礼と歳末のご挨拶を兼ねて、(◯◯店から○日到着予定で、)心ばかりの品をお贈りいたしました。
本来であれば直接お伺いしてご挨拶申し上げるべきところ、誠に失礼とは存じますが、ご笑納いただければ幸いに存じます。
今後とも変わらずお引き立ての程、よろしくお願い致します。
謹白
○月○日
○○○○

<親しい方へ>
寒さも厳しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。寒くなると膝が痛むと言っていましたが、大丈夫ですか?
おかげさまで、こちらは家族皆、元気です。子供たちは先日の初雪に大はしゃぎで、楽しい毎日を過ごしています。
さて本日は、日頃の感謝の気持ちを込めて、心ばかりの品をお送りしました。ご笑納いただければ幸いです。
寒い日が続きますので、どうぞお身体を大切にしてください。お正月にお会いできるのを楽しみにしています。