お歳暮は返すor返さない、どちらが一般的?

お歳暮をいただいたら

お歳暮をいただいたとき、何もしなくてよいのか疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
お歳暮は、日頃お世話になっていることへの感謝の気持ちからお贈りするものですので、感謝に感謝のやりとりを重ねるとキリがありません。ですので、お歳暮に対してお返しをする必要はなく、お歳暮は返さないパターンが一般的です。

お歳暮をいただいた際は、贈ってくれた相手に感謝の気持ちを伝えることが大切です。お礼は、ごく親しい間柄に限っては電話でもかまいませんが、それ以外は手紙で伝えるのが礼儀です。

封書でお礼状を出すのがもっとも丁寧な方法ですので、目上の方に葉書で出すのはできるだけ避けましょう。もし、葉書で出す場合には、「葉書にて失礼いたします」のひと言は必ず添えます。カードに書いて、封筒に入れて出す方法もあります。

また時間がたってしまうと感謝の気持ちが薄れてしまいますし、確かに受け取りましたという報告にもなりますので、お礼状はできるだけ早く出すようにしましょう。あまり間をおかず、できれば品物が届いてから3日以内に出したいものです。

お返しをする場合

目上の方からお歳暮をいただいた場合や、お世話の度合いがお互い様というとき、同僚や友人など同格の方へ贈る場合や、いただき過ぎが気になるといったときは、半返し、あるいは三分返しをすることがありますが、お歳暮という名目は避けます。

お歳暮は1度だけでなく継続して送るものですので、相手との関係性によっては「お歳暮」としても良いでしょう。年が明けてからのお届けになる場合は、松の内を迎えるまでに「お年賀」として贈ります。その時期を過ぎたら「寒中御見舞」として贈ります。

またお返しをする時期ですが、贈りものをした相手からお返しの品物がすぐに届いたら、かえって気を遣わせてしまったのでは・・・と思われたり、形式的な印象を与えてしまうことがあります。お返しをするタイミングは、1週間では早すぎますし、1カ月を過ぎてしまっては遅すぎます。3週間以上1カ月以内のお届けを目安にするとよいでしょう。

直接届けていただいた方には、「お移り(※)」をするのが良いでしょう。儀礼的な「お移り」なら、半紙をたたんだものでいいのですが、それでは儀礼的すぎますから、ハンカチや靴下、あるいは缶詰やクッキーといったちょっとした品物を用意しておいてお返し代わりに贈るようにします。

※お移りとは?
お移りとは、盆や重箱などでいただきものをした場合、ちょっとしたものを入れてお返しをすることで、日本に古くからある習慣です。もともと「贈答」は神様に御供えした食べ物を全員でまわして食べあった習慣が起源で、移しまわしの習慣の名残といえます。

「お移り」にはマッチや半紙などがよく用いられますが、これは縁起をかつぐ意味があります。マッチは硫黄が「祝う」に通じるところから。一方、半紙は習字の稽古用に、また紙が「神」に通じるからという説も残されています。

「お移り」の風習は「これからもまた良いことがありますように」「おつきあいが続きますように」といった願いを込めてのものです。地方によって「おとび」や「おとめ」「おため」など呼び方もさまざまですが、神様の贈りものである「贈べ(たべ)」が変化した言葉で基本精神は同じです。