出産祝いのメッセージ、書き方の決まりは?

コンテンツへ
サイト内検索

予算は?贈る時期は?マナーをチェック!

出産祝いのマナー

出産祝いのメッセージ、書き方の決まりってあるの?

大切なあの人の出産祝いに添えたい、オリジナルのメッセージ。 いざペンを握ると、「どうやって書けばいいんだろう。」「何を書けばいいんだろう。」と、なかなかペンが進まず悩んだことはありませんか?今回は、出産祝いのメッセージを書くときの正しいマナーについてお話しします。

素直なあなたの想いを書けばOKです!

結論から言いますと、こうしなければならいという決まりはありませんので、あなたからの「おめでとう」の気持ちをストレートに書くと良いでしょう。手書きでメッセージを書くときは、出産祝いのメッセージに限らず全てに言えることですが、「読みやすく丁寧に書く」ことが最低限のマナーです。文字にはその人の性格が表れると言いますが、まさにその通りで、メッセージなど相手に渡すものの場合は相手への想いも自然と文字に表れるものです。お贈りする相手と生まれてきた赤ちゃんのことを想いながら、一文字一文字気持ちを込めて丁寧に書くようにしてください。

相手の読む負担にならないよう長文には気を付けましょう。

相手への想いが溢れすぎてメッセージが長くなりすぎないよう注意が必要です!溢れるほどの想いが詰まっているのは素敵ですが、まだ体力が充分に回復していないママには長文を読むことが負担になりかねません。理想は3〜6文程度で、簡潔にまとめるよう心がけましょう。書ける量が限られた小さめのメッセージカードを用意すれは、長文になることが防げますよ。

苦労や死を連想させるNGワードは避けましょう。

相手に、これからの苦労(発育不全など)や死など不吉なことを連想させる言葉をメッセージに使うことは避けましょう。このような言葉のことを「忌み言葉」といい、出産祝いに関しては、「流れる」「消える」「失う」「枯れる」「衰弱」「四(死)」「九(苦)」などがあげられます。今は、昔ほど口うるさく忌み言葉について言われなくなりましたが、せっかくのお祝いごとですから、相手に少しでも嫌な想いをさせず気持ち良く祝福できるよう、きちんとマナーにならい細心の注意を払いたいポイントです。

メッセージを贈る方法はギフトを贈るタイミングによって選びましょう。

基本的には、ギフトに添えて贈るメッセージですが、遠方でなかなか足を運べない場合などは、メールやSNSなどでお祝いのメッセージを伝えるのも良いでしょう。ギフトを贈る理想的な時期は、生後7日〜生後1ヶ月以内ですので、この時期にギフトを贈ることが難しい場合は、メッセージだけでも先に届けると喜んでもらえること間違いありません♪また、遅れてギフトを渡す場合にもひとこと「遅くなってごめんなさい。」とメッセージを添えることで誠意を伝えることができます。メッセージを上手に活用して、あなたからの心からの「おめでとう」を伝えましょう。

PAGE TOP