出産内祝いを断られた場合

コンテンツへ
サイト内検索

出産内祝いって何? 何を贈ればいいの?

出産内祝いの
マナー・豆知識

内祝いを断られたら

出産祝いをいただいた際に「お返し(お祝いのお返し)はいらない」と言われた場合の対処方法についてご説明します。
いらないとお断りされた内容の通り、本当に内祝いを贈らなくてもよいのか、表向きだけの社交辞令なのかなど、悩むところだと思います。

お祝いをする側からすると、「生まれた赤ちゃんのために使ってほしい」「産後の色々大変なときに選ぶ負担をかけさせたくない」など、気遣いの気持ちから来る言葉の場合も多いですが、配偶者と一緒に相手によって臨機応変に対応を検討するようにしましょう。

内祝いとは

そもそも内祝いとは、本来お祝いをいただいたものへのお返しという意味合いではなく、喜ばしいお祝いごとへの嬉しい気持ちをお裾分けするために、飲食を共にする宴席を設けたり、贈り物を用意することが一般的で、これが本来の「内祝い」のかたちでした。

よって、本来はお返しをするという意味ではなく、お祝いの意味合いがあります。ただし、現在では「お祝い」に対する「お返し」という意味で使われることが多くなっています。

また地域によっては、お祝いをいただいたのにお返しをしないことを「片祝い(かたいわい)」といって、縁起が悪いとするところもあります。片祝いはかなずしも出産祝いに関わるとは限りませんので、地域の風習などを両家の両親に確認して対応を決めてもよいでしょう。

相手によって対応を変えましょう

【両親や親族の場合】

両親については素直に甘えてもいいと思いますが、両家の考え方もありますので、配偶者とよく話し合って決めましょう。
親族の場合は社交辞令の意味合いが強い場合もありますので、今後の関係を円滑にするためにも内祝いを贈るようにするほうが無難でしょう。

【職場の同僚、友人の場合】

相手との関係性によって変わりますが、どうしても辞退する気持ちが強い場合などは、内祝いとしてではなく別の機会にプレゼントとしてお渡ししたり、お呼ばれする際に手土産にするなど工夫してもよいでしょう。お互い様だからという場合もありますが、必ずしも相手がそういったことになるとは限りませんので注意が必要です。

出産内祝いを贈らない場合でも、お祝いをいただいたら感謝の気持ちを綴ったお礼状や、お子さまの写真入りのカードで感謝を伝えるなど、相手に連絡を入れることは必ずしましょう。

その他の出産内祝いのマナー・豆知識

PAGE TOP