そもそも出産内祝いとは

コンテンツへ
サイト内検索

出産内祝いって何? 何を贈ればいいの?

出産内祝いの
マナー・豆知識

そもそも内祝いとは?

出産祝いや結婚祝い、新築祝いなど、お祝いをもらった際にお贈りする「内祝い」。何気なく使われている言葉ですが、本来内祝いとはどういった意味なのでしょうか。

そもそも内祝いとは、「身内に喜びごとがあったので、幸せを分かち合いましょう」という意味で、親しい方やご近所の方に配られてきたものです。身近な人を自宅に招いて宴を催すなど、「内輪のお祝い」が行われていました。
現代ではお祝いをいただいたお返しとして贈ることが一般的になっていますが、そもそも「内祝い」とは、家のお祝いごとのお福分け。我が家を指す「内」の祝いごとの贈り物として定着してきたのです。そのため、以前はお祝いをいただいた方だけでなく、特にいただいていない方にも内祝いを贈ることがありました。本来の意味を考えると、お祝いをいただいていない場合でも、内祝いを相手に贈っても問題ではありません。むしろ、親しい方やお世話になった方へは積極的に贈るようにしてもいいですね。

内祝いには、次のように様々な種類があります。一般的に内祝いとして広く親しまれているイベントをご紹介します。

出産内祝い

出産祝いをいただいた方に対して、内祝いを贈ります。 内祝いは、のし下を代表して世帯主の名前で贈るのが一般的です。ですが出産内祝いについては、内祝いは生まれて来た赤ちゃんの名前で贈るという特徴がありますので、のし紙などに記入する際は気をつけて贈るようにしましょう。また贈る金額は、いただいたお祝いの半額程度が一般的です。

結婚内祝い

披露宴にお招きした方のご祝儀に対しては、披露宴でのお食事や引き出物がお返し代わりとなるため、それ以外に内祝いを贈る必要は原則としてありません。お招きできなかった方からお祝いをいただいたときは、内祝いとして半額程度をお返しするのがマナーです。

新築内祝い

新しく家を建てたり引越しをしたときに、いただくお祝いに対してお贈りする内祝いです。このようなお祝いに対しては、「新しい住居に招待する」ことがお返しになります。家にお招きして、おもてなしをすることで感謝の気持ちを表しましょう。遠方の方で自宅にお招きできないとき、都合がつかないなどという場合には、新築内祝いとして半額程度のお返しをします。

快気内祝い

病気に対してお見舞いをいただいたときは、病気が治癒してから1~2週間ほどあとに、快気祝いとしてお返しをします。また、快気祝いが一般的ですが、快気内祝いとするのも誤りではありません。なお、病気が全快していないという場合は、お礼とするのがよいでしょう。

そのほか、成人や就職、退職、昇進、子供のお祝い事など、人生の中でお祝いをいただくイベントは多くあります。こうしたお祝いのお返しをする場合も、内祝いが使われることがあります。これは、お返しという言葉が失礼にあたるためです。

出産内祝いとは

「出産祝い」をいただいた際は、一般的に「出産内祝い」を贈ります。出産内祝いには、「子宝に恵まれた幸せのお福分け」という意味が含まれ、赤ちゃんの初めてのご挨拶になります。また赤ちゃんの誕生の報告と、赤ちゃんの名前のお披露目にもなりますから、「これからよろしくお願いします」という気持ちを込めて、贈り物を選ぶとよいでしょう。

「内祝い」と「お返し」はどう違う?

内祝いは、「“内”である身内の中で起こったお祝いごとを、周囲の方々に報告する」という意味の言葉です。幸せをお裾分けし、みんなで一緒にお祝いをするということですね。
ですから、本来は「お返し」という意味は内祝いにはありません。近所の方や、日頃お世話になっている方、親族などに、喜びのお裾分けとして贈り物をするのが内祝いなのです。つまり、内祝いはお祝いをいただいていない方にも積極的にお贈りして良いものなのです。
その反面、「お返し」は、お祝いしてくださった方に対して、感謝やお礼の気持ちを込めて贈りものをすることです。内祝いとお返し、言葉の意味は少し異なりますが、どちらも相手に対する感謝の気持ちを伝える大切な贈りものです。

その他の出産内祝いのマナー・豆知識

PAGE TOP