出産内祝い 選び方

コンテンツへ
サイト内検索

出産内祝いって何? 何を贈ればいいの?

出産内祝いの
マナー・豆知識

品物選びは早めに準備を

内祝いは出産後1か月後、お宮参りが済んだ頃を目安にお贈りするのが一般的です。
特に初めての出産の方は慣れないことも多く忙しいため、何かと慌ただしい出産後に内祝いの品物選びをするのが難しくなるかもしれません。そのため、内祝いの品物選びはできれば産前にチェックしておくと余裕をもって進められます。

内祝いの相場は、いただいた品物の金額の半額(半返し)から3分の1が一般的。高価な品物をもらった場合はこれにこだわらず、感謝の気持ちを伝えるということに重点を置いて、無理のない範囲で贈るようにしましょう。

相手に合わせた贈りもの選びが大切

出産内祝いを選ぶときは、相手のライフスタイルや年齢に応じて喜ばれる贈りものをチョイスするのがオススメです。相手の趣味や好きな食べ物、今欲しいものがわかる場合は、それらを贈るのも喜ばれるでしょう。

贈る相手別の出産内祝いの選び方は、こちらを参考にしてみてください。
>>> 出産内祝いを贈る相手

出産内祝いで人気の品物

名入れギフト

赤ちゃんにとっては、「初めまして」のごあいさつとなることの多い出産内祝い。パパとママの想いのこもった素敵な名前をきちんとお披露目したいですよね。
名入れギフトの定番といえば、お菓子類。バウムクーヘンやクッキーなどの焼き菓子のほか、甘いものが苦手な方におすすめなおかきもあります。パッケージだけでなく、クッキーやカステラ等に直接名前が印字できる名入れアイテムは、さらにサプライズ感がありますよね。価格帯も幅広いので、予算に合わせて選べるのもポイントです。
のしに名前を書くことはもちろん、ギフトに名前が入れば必ず印象に残ります。アイテムによっては名前だけでなく、誕生日や写真を入れられることも。人気のカステラや定番のタオルに命名カードを添えて贈るのはインパクトもあって、見た目も可愛いものが多いのでおすすめです。赤ちゃんが生まれた記念としても、人気のあるアイテムです。

名入れギフトは個性のあるアイテムなだけに、好みが分かれるという意見もあります。そこでおすすめなのが、食品類の名入れギフト。食べるとなくなる「消えもの」なら、どなたでも楽しく味わっていただけるはず。いただいた後、どのように扱っていいか悩むこともありません。気になる場合、ご両親やご親せきには名入れギフトを、友人にはその他の出産内祝いを贈るなど、贈り分けをするのも一つの方法です。いろいろな状況や立場の方がいることに配慮して、素敵なギフトを届けたいですね。

生まれた重さのお米

赤ちゃんが生まれたときの体重分のお米を贈るギフトも、ひと味違う贈りものとして近頃人気のギフトです。
お米ですと相手も困らず、生まれた赤ちゃんを身近に感じてもらえるので良いかもしれませんね。

カタログギフト

高額の品物をもらったときや、何を贈ってよいのかわからないという場合には、豊富な掲載アイテムから自由に選んでいただけるカタログギフトがぴったりです。価格帯も豊富ですので、相手に合わせた金額で贈ることができます。
カタログギフトに、お菓子やタオルなどがセットになった商品も人気です。カタログギフトだけでは少し物足りないかも、という方には、このような内祝いをお贈りするのもオススメです。

スイーツ

定番スイーツの詰め合わせは、職場の方など大人数の方にお配りする場合にも、分けやすく保存がきくという面でよく選ばれているギフトです。
価格や商品のバリエーションも幅広く、予算に合った品を見つけやすいと思います。
ただし、特にお子さまのいるご家庭などは、アレルギーに注意をして贈る必要があります。

タオル

何枚あっても困らないタオルは、内祝いギフトの定番アイテム。
高級感あふれる木箱入りのタオルやこだわりのオーガニックタオルなどは、普段なかなか自分では買わないので、もらうと嬉しいものですよね。今治タオルなど有名ブランドのタオルは、どんな方に贈ってもきっと喜ばれるギフトとしておすすめです。

その他の出産内祝いのマナー・豆知識

PAGE TOP