お中元と暑中見舞いの違いは?

コンテンツへ
サイト内検索

贈る時期は? のしの基本は?

お中元・暑中見舞い
マナー・豆知識

暑中見舞とお中元の違いは?

日ごろお世話になっている方への夏のご挨拶に、「お中元」と「暑中見舞い」があげられます。どちらか一方で良いのか、両方贈るのが良いのか。ここでは、「お中元」と「暑中見舞い」の違いについてご紹介します。

暑中見舞いのはじまり

お中元は、古代中国の道教の「三元」の日に天神を祭るという信仰の祭り事が起源と言われています。
仏教が日本に伝わると7月15日の中元と盂蘭盆会がお盆の行事となり、その際に子供から親に魚なども贈るようになりました(このころの贈答は家族間に限られていました)。盆礼ではそうめんや米、塩さばなどを贈答品として手渡す風習があり、これと中元が合わさってお中元という日本古来の文化になったといわれています。

暑中見舞いのハガキ

ただ遠方の方を訪問することは難しく、飛脚便などを使って書状を送っていました。この習慣が明治時代に入り日本のはがき郵便配達が始まったのを機に、遠方の方にも挨拶状を送るという習慣となり定着してきました。この暑さを見舞う挨拶を手紙で出すようになったことが暑中見舞いの始まりと言われています。

以上のことから、品物を贈る「お中元」、挨拶文を送る「暑中見舞い」という意味合いが強いと言えます。
現代では、お中元は「日頃からお世話になっている方に感謝の気持ちと相手の健康を気遣って贈るもの」、暑中見舞いは「夏の暑い時期に相手の健康を気遣って送るもの」ということで、どちらも日頃お世話になっている方を気遣って贈るという同じ意味合いをもっていると言えます。

暑中見舞を贈る時期

お中元の時期には地域性があり、主に東日本では7月1日~15日までに。西日本では旧暦に合わせて1ヶ月遅れの8月1日から15日までとされています。ただ最近では地域に関係なく、7月の中旬までに贈るのが一般的になっています。

一方、暑中見舞いに地域差はなく、7月中旬から立秋までとされています。立秋以降は残暑見舞いとし、8月末までに贈ります。

お中元を贈る時期を逃してしまった場合は、立秋の頃までなら、のしの表書きを「暑中御見舞」とし、立秋の後は、「残暑御見舞」とします。目上の方へ贈る場合は、「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。

その他のお中元・暑中見舞いのマナー・豆知識

PAGE TOP