お中元を贈る時期はいつ?

コンテンツへ
サイト内検索

贈る時期は? のしの基本は?

お中元・暑中見舞い
マナー・豆知識

お中元はいつ贈る?

日頃お世話になっている方へ、感謝の気持ちを届けるのはもちろん、ご無沙汰している方へのごあいさつもかねて贈るお中元。ほかのギフトと違い、贈る時期が決まっているので、タイミングを逃さないようにしましょう。

お中元を贈る、適切な時期は?

お中元の時期については、地域性があります。主に東日本では7月1日~15日まで、西日本では旧暦に合わせて1ヶ月遅れの8月1日から15日までとされています。ただ最近では地域に関係なく、7月の中旬までに贈るのが一般的になっており、この時期に贈ると失礼に当たらないでしょう。

現在「お中元」というと、日ごろお世話になっている方に対して、感謝の気持ちを品物に託して贈る季節のあいさつですが、もともと中元とは7月15日のことを指していました。仏教が日本に伝わると7月15日の中元と盂蘭盆会がお盆の行事となり、子から親に魚などを贈るようになりました。

お盆は7月15日? 8月15日?

「お盆」というと、盂蘭盆会(うらぼんえ)の略と思う人が多いのですが、「盆」は盆に迎える霊に供える器のことで、器で祀る祭り自体をさすようになったのです。
盂蘭盆会とはサンスクリット語(古代のインド語)で「逆さに吊るされた苦しみを救う」という意味があります。目連が、死んだ自分の母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを救い、7月15日になると祭壇をもうけて灯明をともし五菜をそなえて父母の供養を行ったのが盂蘭盆会の始まりです。この盂蘭盆会の行事が日本に伝わり、独自の祖先崇拝と融合して日本ならではのお盆行事となりました。
ではなぜ、現在8月15日を中心とした時期をお盆とするようになったのかというと、それは明治6年にグレゴリオ暦(新暦)が採用されたことに関係します。

  1. グレゴリオ暦採用後は、
  2. (1)旧暦7月15日にあたる日
  3. (2)新暦7月15日
  4. (3)月遅れの新暦8月15日

のいずれかにお盆を行うことが多かったのですが、旧暦盆の廃止の勧告を山梨県や新潟県などが行うということもあり、(1)は次第に少数派になり、全国的に(3)(月遅れのお盆)が一般的となりました。なぜこのときに、(2)の新暦7月15日ではなく、(3)月遅れの新暦8月15日が選ばれたのかというと、地方では農作物の収穫期と重ならないようにとの知恵から一ヶ月遅れにしたと考えられています。
ただし何代かに渡り東京に住む人々は、(2)の新暦7月15日をお盆とし、墓参りなどの行事もこの時期に行います。全国のほとんどが、8月15日をお盆としたのに対し、東京では新暦の7月15日をそのまま「盆」としたのが、今も引き継がれています。このことにより、例えば神奈川、東京に檀家が分布するような寺では、東京の檀家からは、7月半ば(2)に呼ばれ、神奈川の檀家からは8月中旬(3)に招かれるというようなことがあります。

地域によって異なるお盆の時期

  1. (1)旧暦7月15日にあたる日をお盆とする地域:沖縄
  2. (2)新暦7月15日をお盆とする主な地域:東京近郊(関東に多い)
  3. (3)月遅れの新暦8月15日:(1)(2)を除く、その他の地域

旧盆(8月)地域の方から、新盆(7月)地域の方へのお中元はいつ贈る?

東京などの新盆(7月)の地域では、7月15日までに「お中元」を贈り、それ以降は「暑中御伺い」、立秋をすぎると「残暑御伺い」として贈るのが一般的です。旧盆の習慣がある地域では8月15日までに「お中元」を贈ります。
旧盆地区の方から新盆地区の方へお中元を贈る場合は、相手の習慣にあわせて7月15日までに送ります。7月16日以降になる場合は、「暑中御伺い」とします。いずれの場合でも、相手にあわせて贈るのが一番良いでしょう。

地域による、お中元の表書き

その他のお中元・暑中見舞いのマナー・豆知識

PAGE TOP