お歳暮とお中元の違いとは

毎年、夏に贈るお中元と冬に贈るお歳暮。よく似た風習のように感じて、「お中元とお歳暮の違いがいまいちちゃんとわからない」「どう違うの?」と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。お歳暮とお中元は、どのようなところが違うのか、わかりやすくご紹介します。

お歳暮とお中元の由来

お歳暮は、日ごろお世話になっている方や仕事のお付き合いのある方に対して、一年の感謝の気持ちと「来年も変わらずよろしくお願いします」という感謝の気持ちを込めて贈るもので、室町時代から始まったと言われています。その後明治時代、江戸時代には一般的な風習として全国に広まり、昭和30年頃には現在のようなお歳暮の形になったようです。

「年の暮れ」という、文字通り一年の終わりを意味するお歳暮。
そんな年の暮れから正月にかけて行われていた、家々の先祖の霊を祭る行事「御霊祭り(みたま-まつり)」の際に使われるお供え物がお歳暮の始まりと言われています。
そこで用意したお供え物を両親や親族、ご近所の方に配るようになり、これらが次第に「歳暮」「お歳暮」と呼ばれるようになったようです。最近では、「冬ギフト」と呼ばれることも増えてきています。

一方、お中元はもともと中国の中元(旧暦の7月15日が誕生日の神様を祝う行事)が、日本に古くからあった盆礼(お盆)と結びついたことが由来・起源とされています。

お歳暮を贈る相手はさまざまですが、家族、親戚、仲人、会社の上司をはじめ、友人、知人などへ一年の感謝の気持ちや日ごろの愛情を込めて贈ります。
時代とともに変化・様変わりしているお歳暮ですが、いつの時代もお歳暮を贈るという土台には、「真心」を贈るという、人々のあたたかな気持ちがあります。
古くからある日本の伝統でもありますので、基本的なマナーを踏まえた上で、失礼のないよう、心を込めて贈るようにしましょう

お歳暮に込められている意味

「年のはじめから年の暮れまで一年間お世話になりました」という感謝の気持ちや「来年もよろしくおねがいします」というご挨拶の意味が込められています。 またお歳暮は、お正月が近づく冬の寒い時期に贈るものです。
そのため贈りものは、年末に家族・親戚などの大勢で楽しめるハム・ソーセージ・ビールや、カニなどの海産物が人気です。最近では洋菓子・和菓子や、冬でも暖かい部屋で過ごすことからアイスクリームなども人気です。

お中元に込められている意味

「年のはじめから中元までの半年間お世話になりました」という感謝の気持ちや「暑い夏にお体大丈夫ですか」という心遣いの意味が込められています。そのため贈りものは、涼やかなアイス・ゼリー・素麺の他、桃・メロンといった季節感のあるものが人気です。

それぞれの贈る意味合いは少し異なりますが、どちらも感謝の気持ちやご挨拶、心遣いをもって贈るのがお歳暮とお中元です。

おすすめキャンペーン・特典

期間限定のキャンペーンや、今すぐ使えるクーポンをご紹介。
今年のお歳暮・冬ギフトをお得に贈りませんか。

  • 送料込ギフト
  • 新規会員登録500円OFFクーポン