そもそもお歳暮とは

現在「歳暮」というと、日ごろお世話になっている方や仕事上の付き合いのある方に対して、一年の感謝の気持ちと「来年も変わらずよろしくお願いします」という気持ちを品物に託して贈る季節のあいさつです。ここでは、お歳暮とはどのような贈りものなのか詳しくご紹介します。

地域によって贈る時期が異なるお歳暮

日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちを込め、またご無沙汰している方へのあいさつも兼ねて交流を深める目的の贈りものがお歳暮やお中元の習慣です。お歳暮・お中元がほかのギフトと違うところは、贈る時期が決まっていることです。

お歳暮は本来、12月13日を過ぎてから、できれば20日くらいまでに贈るのが良いと言われています。なぜ13日を過ぎてから贈るのかというと、12月13日はお正月の準備を始める日という昔ながらの考えがあるためです。ただし、近年はこのような慣習も変化してきています。前倒しではじまる歳末商戦、現代的な諸事情などにより、11月下旬頃からお歳暮を贈っても失礼にあたらない風潮に変わってきています。

地域によってもその時期に違いがあると言われており、関東地方は、12月1日から20日頃が最適な期間とされています。一方で、北海道、東北地方、東海地方、関西地方、中国、四国、九州地方は、12月13日から12月25日頃が適切な時期です。

大切なのはやはり相手への思いやりですから、贈り先地域の習慣にあわせるのが良いでしょう。

お中元を贈った相手にはお歳暮も贈るのがマナー

お中元とお歳暮は、両方とも贈るのが一般的なマナーとされています。
お中元とお歳暮の両方を贈る場合には、お中元で贈った品物よりも、お歳暮で贈る品物の値段をやや高めに設定して贈るようにします。予算の都合などでどちらか片方だけを贈る場合は、1年間の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮を優先して贈るようにしましょう。
お付き合いのある方々すべてに贈るとなると、年々数が増えてしまい経済的な負担ばかりが増えてしまいます。義理だけの贈りものになってしまうと、自分ばかりか相手の方にとっても負担です。贈りものは、より良い人間関係を築くためのコミュニケーションアイテムの一つです。自分らしいお付き合いの方法を考えてみると良いでしょう。

お歳暮に込められる意味合い

「歳のはじめから歳の暮れまで一年間お世話になりました」という感謝の気持ちや「来年もよろしくおねがいします」というご挨拶の意味が込められています。
またお歳暮は、お正月が近づく冬の寒い時期に贈るものです。そのため贈りものは、年末に家族・親戚などの大勢で楽しめるハム・ソーセージ・ビールや、カニなどの海産物が人気です。最近では洋菓子・和菓子や、冬でも暖かい部屋で過ごすことからアイスクリームなども人気です。

お中元に込められる意味合い

「年のはじめから中元までの半年間お世話になりました」という感謝の気持ちや「暑い夏にお体大丈夫ですか」という心遣いの意味が込められています。そのため贈りものは、涼やかなアイス・ゼリー・素麺の他、桃・メロンといった季節感のあるものが人気です。

それぞれの贈る意味合いは少し異なりますが、どちらも感謝の気持ちやご挨拶、心遣いをもって贈るのがお歳暮とお中元です。

おすすめキャンペーン・特典

期間限定のキャンペーンや、今すぐ使えるクーポンをご紹介。
今年のお歳暮・冬ギフトをお得に贈りませんか。

  • 送料込ギフト
  • 新規会員登録500円OFFクーポン