縁起の良いおせち「田作り」の意味・由来とは?おせち料理特集2021年

コンテンツへ
サイト内検索

おせち 具材の意味・由来

おせち料理のいわれや意味・由来、豆知識をご紹介します。

「田作り」の意味
由来・いわれ

田作りは片口いわしの稚魚を炒り、甘辛く絡めたおせち料理です。地域によっては「ごまめ(五万米)」とも呼ばれています。昔は田畑の高級肥料として使われていたイワシ。その年の「豊作」を願って食べる縁起の良い一品としておせち料理の定番となっています。田作りは、関東では黒豆、数の子と並んで「祝い肴三種」のうちの1品です。祝い肴三種は、おせちにかせない代表的な三品でこれさえ揃えばお正月を祝えるとも言われています。

どうしてこれを食べるの?食材のいわれ

昆布巻き

伊達巻き

黒豆

紅白かまぼこ

ぼたんえび

紅白なます

数の子

蓮根

きんとん

たたき牛蒡

田作り

いくら

人数から選ぶ

おひとり様、ご夫婦や少人数、ご来客時のおもてなしに好適な1人前~3人前のおせちや、
ご家族にちょうど良いサイズの4人前のおせちなど、それぞれに合ったおせちをお選びください。

価格から選ぶ

おせち選びは予算も重要なポイントですよね。
お重の段数や品目の数も確認して、あなたにピッタリのおせちを選んでください。

段数から選ぶ

ご家族構成や人数などに合わせて、一段重~四段重からご希望にあったおせちをお選びください。

おせちをすべて見る

PAGE TOP